F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

中嶋一貴 ウイリアムズ

090419_kazuki.jpg

フラストレーションだらけのレース・ウイーク

◆ギヤボックスの温度が上昇!
—-リタイア原因はギヤボックス?
一貴 ギヤボックス……なんですけど、ただ、ドライバーにとっては”症状”がでないというタイプのトラブルなんですね。ポンプのトラブル、ギヤボックスの温度が上がるというもの。だから、ピットインのタイミングなんかもすべて、ピットからの指示です。

—-スタートしたときのコース・コンディションですが、各チームの無線でも、ストレートでアクアプレーニングを起こしているという通信が入ってましたが?

一貴 そうですね。……なので、もう少し長い間、ペースカーがコースにいた方が(グリーンフラッグを振らなかった方が)よかったかもしれません。視界も、非常に悪かったですしね。

—-何回か、コースからオフしていましたが?
一貴 とくに1コーナーはアクアプレーニングが激しく……。あとは7、8コーナー、そして最終コーナーがひどかったですね。

最終コーナーは、入り口、どこを通ってもクルマが浮いてしまうような状態で、そこからのストレートは、それとうまく”付き合い”ながら行かなくちゃいけなくて。

—-ドライのときに、タイヤも含めて、セッティングがなかなか決まらないという話がありましたけど、雨では?
一貴 うーん……むずかしい(質問)ですけど、でも、とくに外れてるということはなかったですね。クルマ的にも、またフィーリング的にも。ですから(セッティングは)まあまあという範囲にはあったと思います。

◆雨になったら、ワン・ストップで
—-今日の作戦というのは、どういうものだったのですか?
一貴 ドライだったら、ですか? タイヤは「プライム/プライム/オプション」で行って、最後のソフトタイヤを短く10周くらいで、というものでした。

—-じゃ、雨になってしまったレース前の段階では?
一貴 基本的には、雨になれば(作戦を)ワンストップに移すことも考えていまして、実際にもそのようにしたんですけど。

ただ、(タイヤが)パンクしてしまって、さらに最後はギヤボックスで(クルマが)止まってしまったんで、まあ、どうしようもなかったですね。

—-パンクは、コースアウトが原因?
一貴 いえ、全然関係なく……。1回目のピットストップのあと、フィジケラの後ろについて走っていたんですけど、突然、右のリヤがパンクしてしまいましたね。

—-何かを踏んだ?
一貴 いえ、目で見る限り、トラックの上には何もなかったんで、何かを踏んだというのではなかったんでしょうけど。ともかく、右リヤが急におかしくなって……。

—-今週は、セッティングなんかでもずっとフラストレーションでしたね?!(笑)。
一貴 まあ金曜日からですが、とくにレースでは、ですね!(笑)。
ただ、クルマ的には悪くない(ところにいる)ので、もちろん各チーム上がっては来てますけど、次のバーレーン、そしてそれに続くスペイン、そこでもう一度、しっかりと……。

—-今回はいろいろ悪いことが重なりました。ここで”悪運”は全部使っちゃったのでは?
一貴 うーん、そうだといいですねえ!(笑)

【STINGER / text by Iemura Hiroaki】

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン413ポイント
2位バルテリ・ボッタス326ポイント
3位マックス・フェルスタッペン278ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG739ポイント
2位フェラーリ504ポイント
3位レッドブル417ポイント
more

NOW RACE

オーストリアGP
レッドブルリンク

開催日
2020/07/03〜07/05
(日本時間)