F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   レッドブル、新型ディフューザー投入はモナコ以降

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

レッドブル、新型ディフューザー投入はモナコ以降

090422EN.jpg

レッドブル・レーシングのマシンデザインを担当するエイドリアン・ニューイは、新型のディフューザーを投入するのは、早くても来月末開催のモナコGP以降になると明らかにした。

「RB5(レッドブルのマシン)は他のチームと違い、プルロッド・リアサスペンションを採用しているため、これにあわせて新型ディフューザーを搭載するのは容易なことではない。その代わり、投入すれば、かなりの効果があることは間違いないだろう」。

「新型ディフューザーとマシンの整合性を合わせるのは、難しいチャレンジになる。だから、新型ディフューザーの投入は、モナコ以降になる」。

※プルロッド・リアサスペンションは、他のチームが採用するプッシュロッド・リアサスペンションよりも軽量で重心が低くなる。そのため、マシンハンドリングが向上するが、プッシュロッドよりも低い位置に設置されているため、その下に新型ディフューザーを取り付けるスペースを確保することが難しい。

※ディフューザーとは、マシンの下面後端部に取り付ける整流板のこと。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン175ポイント
2位セルジオ・ペレス129ポイント
3位シャルル・ルクレール126ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング304ポイント
2位フェラーリ228ポイント
3位メルセデス188ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER