F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

決勝 中盤

110724GGP-3.jpg

<14時35分>
トップを走る、2ウェバー/レッドブルが1分36秒台のファステスト。

<14時37分>
16小林可夢偉/ザウバーがピットイン、14番手でコースに戻っている。

<14時38分>
まだピットに入っていない6番手の10ペトロフ/ルノーを6マッサ/フェラーリがオーバーテイク。続けて1フェッテル/レッドブルも10ペトロフ/ルノーをパス、前を走る6マッサ/フェラーリを追う。

<14時40分>
4番手を走行していた14スーティル/Fインディアがピットイン。

7番手の10ペトロフ/ルノーをメルセデスの2台がオーバーテイク。

<14時41分>
10コーナーで7シューマッハ/メルセデスがコースアウトしてスピン。コースに復帰するがポジションを落としてしまう。

16小林可夢偉/ザウバーが前を走る12マルドナド/ウィリアムズをオーバーテイク。

<14時43分>
25周目に、4番手を走行していた4バトン/マクラーレンがようやくピットイン。14スーティル/Fインディアの後ろでコースに復帰した。

<14時44分>
9番手の7シューマッハ/メルセデスの背後に、16小林可夢偉/ザウバーが迫る。

5アロンソ/フェラーリがファステスト・ラップ。2番手の3ハミルトン/マクラーレンとの差は1.3秒差。

<14時45分>
4番手を走行する6マッサ/フェラーリと、3番手の5アロンソ/フェラーリとの差は22.4秒まで開いた。

<14時46分>
1フェッテル/レッドブルのマシンはリアブレーキに問題を抱えていると無線が入る、現在5番手で前を走る6マッサ/フェラーリとの差は2.9秒。

<14時47分>
心配された強い雨は、28周目の時点でも降り始めていない。

<14時48分>
16小林可夢偉/ザウバーは前を走る7シューマッハ/メルセデスよりもペースがよいが、抜くには至らない。

<14時50分>
7番手を走行する14スーティル/Fインディアに4バトン/マクラーレンが迫るものの、オーバーテイクはできない。スタートでポジションダウンしただけに、早めに抜きたいところだ。

<14時51分>
折り返し地点である、30周を消化した時点のオーダーは以下の通り。

1. 2ウェバー/レッドブル
2. 3ハミルトン/マクラーレン
3. 5アロンソ/フェラーリ
4. 6マッサ/フェラーリ
5. 1フェッテル/レッドブル
6. 8ロズベルグ/メルセデス
7. 14スーティル/Fインディア
8. 4バトン/マクラーレン
9. 7シューマッハ/メルセデス
10. 16小林可夢偉/ザウバー
11. 12マルドナド/ウィリアムズ
12. 17ペレス/ザウバー
13. 10ペトロフ/ルノー
14. 19アルゲルスアリ/トロロッソ
15. 15ディ・レスタ/Fインディア
16. 18ブエミ/トロロッソ
17. 20コバライネン/ロータス
18. 24グロック/ヴァージン
19. 23リウッツィ/HRT
20. 22リカルド/HRT
21. 25ダンブロシオ/ヴァージン
22. 21チャンドック/ロータス

11バリチェロ/ウィリアムズと9ハイドフェルト/ルノーはレースを終えている。

<14時52分>
2ウェバー/レッドブルが2回目のピットイン。

21チャンドック/ロータスがスピンし、コースに復帰した。

<14時54分>
3ハミルトン/マクラーレンがピットイン、2ウェバー/レッドブルの前でコースに戻るが、2ウェバー/レッドブルが並びかける。3ハミルトン/マクラーレンは強引に、2ウェバー/レッドブルを押さえ前に出た。

<14時56分>
5アロンソ/フェラーリがピットイン、バトルをしている2台の前でコースに戻るが、タイヤの暖まりが悪い5アロンソ/フェラーリを、3ハミルトン/マクラーレンがオーバーテイク。2ウェバー/レッドブルにも迫られている。

<14時57分>
トップを走る3ハミルトン/マクラーレンは、1分35秒台前半のタイムでファステスト・ラップをたたき出す。2番手の5アロンソ/フェラーリとの差は1.7秒。

<14時59分>
5アロンソ/フェラーリに迫る2ウェバー/レッドブルがコースアウト、ロスは少ないが5アロンソ/フェラーリには助かる展開。

トップを走る3ハミルトン/マクラーレンは2週連続でファステスト・ラップ。5アロンソ/フェラーリとの差は2.4秒まで開いた。

<15時00分>
4バトン/マクラーレンが6番手の8ロズベルグ/メルセデスをオーバーテイク。前を走る1フェッテル/レッドブルとは15秒以上前を走る。

text by ymkx[STINGER]

r10doci001.jpg

DRS計測開始地点からDRS使用可能地点の間で前車の約1秒以内にいればDRSが使用可能。DRSは、DRS使用可能地点からブレーキを踏むまで使用できる。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン284ポイント
2位バルテリ・ボッタス221ポイント
3位マックス・フェルスタッペン185ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG505ポイント
2位フェラーリ351ポイント
3位レッドブル266ポイント
more

NEXT RACE

シンガポールGP
マリーナ・ベイ市街地サーキット

開催日
2019/09/20〜09/22
(日本時間)