F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

決勝 終盤

110724GGP-4.jpg

<15時01分>
4バトン/マクラーレンがピットイン、ハイドロリック系の問題が発生し、ガレージにマシンを入れ、マシンを降りた。

一方、トップを走る3ハミルトン/マクラーレンは4週連続でファステスト・ラップ。5アロンソ/フェラーリとの差を3秒まで広げる。

<15時02分>
8ロズベルグ/メルセデスが2回目のピットイン。16小林可夢偉/ザウバーの後ろでレースに戻った。

<15時04分>
7番手を走行中の7シューマッハ/メルセデスがピットイン。これで16小林可夢偉/ザウバーが7番手となるが、背後には8ロズベルグ/メルセデスが迫る。

<15時06分>
8ロズベルグ/メルセデスは1コーナーアウトから16小林可夢偉/ザウバーをパスするが、16小林可夢偉/ザウバーがクロスラインでポジションを戻す。

<15時08分>
その翌周、8ロズベルグ/メルセデスは1コーナーでイン側から16小林可夢偉/ザウバーをパス、7番手にポジションを上げた。

<15時09分>
5番手を走る1フェッテル/レッドブルがピットイン。ポジションを守ったまま、コースに復帰した。

<15時11分>
4番手を走る6マッサ/フェラーリがピットイン、1フェッテル/レッドブルの前でコースに戻るが、フェラーリのマシンはタイヤの暖まりが悪く、苦しい状況だ。

<15時12分>
トップを走る3ハミルトン/マクラーレンはコース上で最も速いペースで走行している。2番手の5アロンソ/フェラーリとは3.4秒、3番手の2ウェバー/レッドブルとは5.2秒の差をつけている。

<15時14分>
16小林可夢偉/ザウバーは8番手を走行中。前を走る8ロズベルグ/メルセデスとは7.6秒差だ。

<15時17分>
トップを走る3ハミルトン/マクラーレンは11番手の15ディ・レスタ/Fインディアまでを周回遅れにしている。

<15時19分>
10番手の10ペトロフ/ルノーがピットイン、プライム・タイヤを装着し、コースに復帰する。タイムが出ないプライム・タイヤだが、どれだけのタイムを出すことができるか。

<15時20分>
47周目に1フェッテル/レッドブルが1分34秒台のファステスト・ラップをマーク。

<15時21分>
2ストップ戦略でタイヤがきつくなり、ペースが落ちてきた16小林可夢偉/ザウバーに、7シューマッハ/メルセデスが迫る。

<15時23分>
16小林可夢偉/ザウバーがピットイン。

プライム・タイヤに交換した10ペトロフ/ルノーは、予想外にいいペースだ。

<15時24分>
残り10周までレースは進んだが、雨は降ってこない。

<15時26分>
トップを走る3ハミルトン/マクラーレンがピットイン、新品のプライム・タイヤを装着してコースに戻る。

<15時27分>
フェラーリのピットが動くが、3ハミルトン/マクラーレンのセクター2のタイムを確認しもう一周。セクター3では3ハミルトン/マクラーレンが5アロンソ/フェラーリと並ぶタイムを出してきた。

<15時29分>
5アロンソ/フェラーリがピットイン、プライム・タイヤを装着しコースに戻る。3ハミルトン/マクラーレンはセクター3でベストタイムをマークし、5アロンソ/フェラーリの前に出た。

<15時30分>
トップを走る2ウェバー/レッドブルはここが踏ん張りどころ。5アロンソ/フェラーリに逆転するには、タイムを稼いでおく必要があるが、ペースが上がらない。

<15時32分>
4番手を走る6マッサ/フェラーリと1フェッテル/レッドブルは依然バトルを続けている。この2台はプライム・タイヤを装着する必要があるが、どのタイミングでピットに入るのか。

<15時33分>
16小林可夢偉/ザウバーは9番手を走行、背後には10ペトロフ/ルノーが迫ってきている。

<15時34分>
トップを走る2ウェバー/レッドブルがピットイン。5アロンソ/フェラーリからは数秒離れてコースに戻る。

<15時35分>
トップを走る3ハミルトン/マクラーレンはセクター1をベストタイムで通過。

残り周回数は3周。6マッサ/フェラーリと1フェッテル/レッドブルは、まだピットに入らない。どちらも、残り1周で入る作戦だろう。

<15時37分>
トップを走る3ハミルトン/マクラーレンと5アロンソ/フェラーリの差は3.3秒。

<15時39分>
16小林可夢偉/ザウバーは10ペトロフ/ルノーからのアタックを凌ぎ9番手走行中。

残り一周で6マッサ/フェラーリと1フェッテル/レッドブルがピットイン。6マッサ/フェラーリはピットストップに時間がかかり、1フェッテル/レッドブルが前でコースに戻った。
<15時40分>
3ハミルトン/マクラーレンが、今季2回目のトップ・チェッカーを受ける。2位は5アロンソ/フェラーリ、3位は2ウェバー/レッドブル、4位には1フェッテル/レッドブルが入る。5位には6マッサ/フェラーリ、6位には母国グランプリの14スーティル/Fインディアが入った。

16小林可夢偉/ザウバーは9位入賞、貴重なポイントを稼いだ。

結局、60周のレースで雨が降ることはなく、ドライ・コンディションのままレースは終了した。

5アロンソ/フェラーリのマシンがチェッカード・フラッグを受けたあとにストップした。2ウェバー/レッドブルが5アロンソ/フェラーリを自らのマシンに乗せ、表彰台へと向かった。

text by ymkx[STINGER]

r10doci001.jpg

DRS計測開始地点からDRS使用可能地点の間で前車の約1秒以内にいればDRSが使用可能。DRSは、DRS使用可能地点からブレーキを踏むまで使用できる。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン284ポイント
2位バルテリ・ボッタス221ポイント
3位マックス・フェルスタッペン185ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG505ポイント
2位フェラーリ351ポイント
3位レッドブル266ポイント
more

NEXT RACE

シンガポールGP
マリーナ・ベイ市街地サーキット

開催日
2019/09/20〜09/22
(日本時間)