F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   スタート時の重量から見えたのは、”優しい運転”

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

スタート時の重量から見えたのは、”優しい運転”

今年から、スタート時点の総重量が公表されるようになり、レース展開を予測する材料として話題を呼んでいるが、バーレーンGPで公表されたデータには、面白い傾向が出ている。

[STINGER]では、670kgを基準値として発表された数字を観ることにしているが、今回は、上位陣が明確に軽い(少ない)燃料でスタートする。

また、中段組は、BMWザウバーの二人を除けば、基準値の670kgに近い数字で並んでおり、つまり、どのチームも考えることが一緒ということになる。それはそのまま、ザヒール・サーキットが作戦的に考えられる幅が広くないことを物語っている。

ここから予測できるのは、いかにタイヤとブレーキを巧く使うかがレースの成績を左右する、ということ。つまり、”スムーズな運転”が一躍脚光を浴びることになる。

タイヤに優しい運転は、シャシー能力とドライバーの走り方で決まる。もちろん、ドライバーのマインドをコントロールするチーム力も重要だ。

30℃を越す灼熱のなかで、冷静に闘い、勝利を引き寄せるのはどこか。そこを注目すると、バーレーンGPの興味は倍増する。

【STINGER / Yamaguchi Masami

バーレーンGPスタートソウ重量ジュウリョウ
予選ヨセン順位ジュンイ No. ドライバー チーム ソウ重量ジュウリョウ STG重量ジュウリョウ
1       9      トゥルーリ トヨタ 648.5      ▽21.5kg ☆           
2       10      グロッグ トヨタ 643         ▽27kg
3       15      フェッテル レッドブル 659         ▽21kg
4       22      バトン ブロウン 652.5      ▽17.5kg
5       1      ハミルトン マクラーレン 652.5      ▽17.5kg
6       23      バリチェロ ブロウン 649         ▽21kg
7       7      アロンソ ルノー 650.5      ▽19.5kg
8       4      マッサ フェラーリ 664.5      ▲5.5kg
9       16      ロズベルグ ウィリアムズ 670.5      ▲0.5kg  
10        3      ライコネン フェラーリ 671.5      ▲1.5kg  
11       2      コバライネン マクラーレン 678.5      ▲8.5Kg  
12       17      中嶋一貴ナカジマ ウィリアムズ 680.9      ▲10.9kg
13       5      クビツァ BMWザウバー 698.6      ▲28.6kg
14       6      ハイドフェルド BMWザウバー 696.3      ▲26.3kg
15       8      ピケ ルノー 677.6      ▲7.6kg  
16       20      スーティル フォースインディア 679         ▲9kg  
17       12      ブエミ トロ・ロッソ 678.5      ▲28.5kg
18       21      フィジケラ フォースインディア 652         ▽18kg
19        14      ウェーバー レッドブル 656         ▽14kg  
20       11     ブルデー トロ・ロッソ 667.5      ▽2.5  
     *670Kgを基準値として、重くなる場合は▲、軽くなる場合は▽
     *☆は明らかに軽い、※は明らかに重い。
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン233ポイント
2位シャルル・ルクレール170ポイント
3位セルジオ・ペレス163ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング396ポイント
2位フェラーリ314ポイント
3位メルセデス270ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER