F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   決勝 中盤

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

決勝 中盤

111030R2.jpg

<15時31分>
19周目、2番手を走行していた4バトン/マクラーレンがピットイン、ソフト・タイヤを装着してコースに戻った。

<15時32分>
20周目、トップを走る1フェッテル/レッドブルがピットイン、ソフト・タイヤを装着し、4バトン/マクラーレンの前でコースに戻った。

<15時33分>
5番手を走行している6マッサ/フェラーリが1分30秒台前半でファステスト・ラップをマーク。前を走る5アロンソ/フェラーリとは2秒差。

<15時34分>
20周目終了時点での順位は以下の通り。

1. 1フェッテル/レッドブル
2. 4バトン/マクラーレン
3. 2ウェバー/レッドブル
4. 5アロンソ/フェラーリ
5. 6マッサ/フェラーリ
6. 3ハミルトン/マクラーレン
7. 8ロズベルグ/メルセデス
8. 7シューマッハ/メルセデス
9. 9セナ/ルノー
10. 20コバライネン/ロータス
11. 19アルゲルスアリ/トロロッソ
12. 18ブエミ/トロロッソ
13. 14スーティル/Fインディア
14. 17ペレス/ザウバー
15. 10ペトロフ/ルノー
16. 22リカルド/HRT
17. 15ディ・レスタ/Fインディア
18. 22カーティケヤン/HRT
19. 25ダンブロジオ/ヴァージン
20. 11バリチェロ/ウィリアムズ
21. 21トゥルーリ/ロータス

12マルドナド/ウィリアムズ、24グロック/ヴァージン、16小林可夢偉/ザウバーの3台はすでにレースを終えている。

<15時36分>
トップを走る1フェッテル/レッドブルが1分29秒台のファステスト・ラップをマーク。

<15時37分>
5番手の6マッサ/フェラーリが1コーナーでミスし、3ハミルトン/マクラーレンが一気に迫ってきた。

<15時39分>
24周目、3ハミルトン/マクラーレンが5コーナーで6マッサ/フェラーリのインに飛び込むが両者は接触。3ハミルトン/マクラーレンのフロントウィングが破損してしまった。

<15時40分>
3ハミルトン/マクラーレンがピットイン、9番手までポジションを落としてしまった。一方、6マッサ/フェラーリはそのまま走行を続けている。

<15時41分>
10番手を走行していた18ブエミ/トロロッソのマシンがストップ、リタイヤしてしまった。

<15時43分>
25周目、2番手を走る4バトン/マクラーレンがファステスト・ラップをマーク。トップを走る1フェッテル/レッドブルとは3.6秒差となっている。

<15時45分>
3番手を走る2ウェバー/レッドブルは2番手の4バトン/マクラーレンとは7秒差。4番手の5アロンソ/フェラーリとは3.5秒差で単独走行。

<15時46分>
28周目、5アロンソ/フェラーリが1分29秒台でファステストをマークした。

<15時47分>
29周目、1フェッテル/レッドブルが1分29秒台中盤のタイムでファステストを記録した。

<15時48分>
9番手の3ハミルトン/マクラーレンが8番手の19アルゲルスアリ/トロロッソに迫るが、ストレート・スピードで勝る19アルゲルスアリ/トロロッソにDRS(可変リヤウイング)を使っても並びかけることができない。

<15時50分>
6マッサ/フェラーリにドライブスルー・ペナルティの裁定が下された。

<15時51分>
31周目、5アロンソ/フェラーリが1分29秒フラットに近いタイムでファステストを更新した。前を走る2ウェバー/レッドブルとは2.8秒差。

3ハミルトン/マクラーレンが19アルゲルスアリ/トロロッソをパス、9番手に順位を上げた。

<15時53分>
3番手を走る2ウェバー/レッドブルに5アロンソ/フェラーリが迫ってきた、両者の差は2秒だ。

<15時54分>
縁石に左フロントタイヤを乗り上げた6マッサ/フェラーリの左フロントアームが破損し、マシンをコース脇に止めリタイヤしてしまった。

<15時56分>
35周目、1フェッテル/レッドブルが1分28秒台に入れるファステストを記録。4バトン/マクラーレンとの差を6秒弱まで広げた。

<15時58分>
現在7番手の3ハミルトン/マクラーレンがセクター1を全体ベストで通過。前を走る7シューマッハ/メルセデスとは10秒の差がある。

<15時59分>
38周目、3番手を走行していた2ウェバー/レッドブルがピットイン。ハード・タイヤを装着してコースに戻った。

text by ymkx[STINGER]

r7ndci001.jpg

DRS計測開始位置からDRS使用可能位置の間で前車の約1秒以内にいればDRSが使用可能。DRSは、DRS使用可能位置からブレーキを踏むまで使用できる。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン310ポイント
2位シャルル・ルクレール201ポイント
3位セルジオ・ペレス201ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング511ポイント
2位フェラーリ376ポイント
3位メルセデス346ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER