F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   中嶋一貴 ウイリアムズ(フリー走行初日会見全録)

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

中嶋一貴 ウイリアムズ(フリー走行初日会見全録)

090605__kazuki-1.jpg

「グリップ感がないソフト・タイヤ、この感じは、ちょっといつもと違っている……」

◆チャート上位にタイムを刻んだ金曜日!
—-金曜日のフリー走行、なかなか好調な滑り出しだったのでは?
一貴 
そうですね、結果としては。ただ、午後はタイヤの方がちょっと……。硬い方は、まあ”動いて”(=能力を発揮して)いたんですけど、柔らかい方は思ったようには働かず……。まあこれは、どのチーム、どのドライバーも同じように苦労をしていたんだろうとは思いますけれど、感覚的には、ちょっとヘンな感じが残る金曜日だったですね。

—-タイヤについては多くのチームでも「グレイニング」に悩んでいたが、これは明日、明後日で状況は変わっていく?
一貴 
うーん……、ちょっと読めないですね。ロングランで、燃料を積んで(クルマが)重くなったときにはグレイニングの問題が出てくるというのは予想がつくんですが、単純に、ただ軽い状態でワンラップだけ走ろうとしても、柔らかい方のタイヤでは、グリップ感がまったく出ないので……。ちょっと、いつもとは(タイヤが)感覚的に違うという気がします。

—-アップデートのフロントウイングの感触は?
一貴
 午後はほとんどその新しいウイングで走ったんですが、まだ、データを見直して、どちらがいいかというのをハッキリさせないといけないという状況です。でもいまのところ、感覚的には悪くないので、そっち(新パーツ)でレースができれば、ぼくらとしてはベターかなと思ってます。

—-では明日の予選、”どのくらい”まで行けそうですか?
一貴
 ……うーん(笑)、まったく読めないというのが正直なところなんですけど。でも、感覚的には悪くないですし、クルマも、前回と同じようにしっかりとできているので、基本的にはいつもと同じように、Q3に行くというのを目標にはしてます。

◆ソフト・タイヤの性能を、まだ引き出せてない?
—-タイヤのグレイニングが発生しているのは右フロント?
一貴
 そうですね、それと柔らかい方のタイヤではリヤにも出てます。このタイヤでは、ロングラン以前の段階で、どういうセットアップにすればいいのかが、まだ掴めていないという状態ですね。

—-グレイニングは、かなり早い段階から出てしまう?
一貴
 グレイニング自体は、数周、まあ4~5周過ぎたあたりから出ていると思うんですけど、そこに行く前の段階で、ちょっとグリップ感がない。普通だったら、リヤがグリップして(クルマの挙動としては)アンダー(ステア)方向になるんですけど、それがまったくないので……。この感じが高速コーナーだけでなく、低速コーナーでもそうなんで、それでいつもと感覚が違うなあ、と……。

—-それは、タイヤのせい? それともクルマ?
一貴
 タイヤ……だと思いますけどねえ。どのチームも、たぶん同じようなはずで。

—-ソフト・タイヤでのそういった症状というのは、バルセロナではなかったこと?
一貴
 そうですね、バルセロナでは問題なく、そして、ソフトの方がハッキリ速かったですね。ここはちょっと、うん……(笑)

◆金曜日の走行、ニコと一貴はプログラムが違う
—-でも、今日のタイムでは、セクター1とセクター2では、一時トップ・タイムだったですよ?
一貴
 (比較して)トップというのは、(チームによって、フリー走行での))タイヤの使い方、プログラムの使い方に違いがあるので、そのへんは何ともいえないんですが。

—-では逆に、セクターの1と2とくらべれば、セクター3は苦しいといったようなことはある?
一貴
 うーん……、まあ、クルマによって、セクター3に強いクルマとそうでないのがあるかもしれませんが。ただ、自分自身で(できることで)セクター3は、もう少しよくできる部分があると思いますので、そのへんは、明日に向けて、もう一度データを見直してみたいですね。

—-他チームではなくて、ニコ・ロズベルクとくらべても、今日は彼より上位で?
一貴
 いえ、(彼とぼくではフリー走行の)プログラムも違うので……。彼にしても悪くはなかったんだと思いますけれど、まあ明日、同じコンディションで走ってみないと、何ともいえないです。

                【STINGER / text by Iemura Hiroaki】

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER