F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   中嶋一貴木曜日会見全録

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

中嶋一貴木曜日会見全録

090618_kazuki-1.jpg

「エアロのアップデートは、ニコもぼくも、まったく同じに入ってます」

◆チームのメンバーがリラックスしてるグランプリ
—-チームとしては、地元のグランプリということに?
中嶋一貴(以下、一貴)
 そうですね、といっても、基本的にはいつもと同じスタンスです。ただ、チームの地元ということで、事前のPRイベントがちょっと多かったというのがありますけど。

—-それはたとえば?
一貴
 昨日はスポンサーがらみのイベントがあったり、今日は工場で、これまたスポンサーがらみですけど、フィルミング(動画の撮影)の仕事があったり。

—-日本人にとっては、やはり日本グランプリというのは特別なことになりますけど、一貴選手にとっての「イギリス・グランプリ」というのは、やっぱり何か違いはある?
一貴
 いや、そこまでの大きな違いはないですね。ただ、自分のうちからも(現場のサーキットが)近いわけですし、そういう意味では、いつもとは”リズム”が違うというのはありますけど。ただ、チームのメンバーは、いつもよりもアットホームな感じですね。

—-ここ数戦、結果はでてないけど、”流れ”としては、かなりいい感じで来てますよね?
一貴
 そうですね、いいカタチでは来てますね。まあ、結果が残る/残らないは、多少は運に作用されるところもありますし、一番大事なのは、自分で納得できる「走り」をすることだと思うので、そういう意味では、いい流れで来ているので、それをしっかり継続して、いい結果にもつなげたいですね。

◆今年のウイリアムズ車は、どこへ行っても戦闘力がある!
—-今年のクルマというのは、去年とくらべた場合には、どういう特徴がありますか?
一貴
 基本的には、……まあ周りとくらべてという部分もあるんですけれど、去年までのクルマは、どうしてもハイスピードで、他のクルマにくらべて、パフォーマンス的によろしくない部分があった。
でも今年は、どのトラック(コース)に行っても、クルマが安定的にパフォーマンスをだしていて、他とくらべても、いいポジションでレースができている。

あとは、サーキットのなかでも、どちらかというと高速セクションでいいタイムをだしていることが多いので、そういう意味では、シルバーストーンは、これまではチームにとっては、あまり得意なサーキットではなかったんですけど、今年に限っていえば、それは当て嵌まらないんじゃないかと思ってます。

—-タイヤとの組み合わせでいうと?
一貴
 タイヤとの組み合わせでは、それはどちらかというと、もっと”暑い”方がいいのかなと思いますけど(笑)、ただそれは条件的にはみんな(どのチームも)同じですし、まあその点は(実際に)やって(走って)みないとわからないですね。

今年の7戦、基本的にはどのレースも、柔らかいタイヤの方が”一発”のタイムはでるという傾向はあったんですけれど。でも、サーキットによっては、作動温度の高い硬い方のタイヤが、(クルマと組み合わせて)ちょっと硬すぎるということは、何回かはありましたね。

まあトルコは、ちょっとフシギなシチュエーションで、普通であったら、柔らかい方のタイヤがタイムがでるはず……なんですけど、でも、そうではなかったというのがありました。

だから、なかなか、読みづらいというのはあります。それぞれ、その場所によって、ですね。単純に、気温だけでは説明がつかないという状況は(今年は)何回かありましたね。

—-ということは、タイヤのフィールとかその選択、2種のタイヤを比較するというのは、われわれの想像以上に”ナーバス”ということですね?
一貴 
走らせてみてどうなるかというのが第一ではあるんですけれど、でも、気温とか(路面などの)状況で、ある程度予想がつくという部分はあります。

—-タイヤに関していうと、去年のクルマよりも、今年のクルマはその”守備範囲”は拡がったという感じ?
一貴 
うーん……そうですね、去年は(車体の)グリップが低い分を空力によって補っていたというところがあったので、コーナーによっては、フィーリングに差が出てたんですけど、今年は……そうですね、一定してるというか、その(違いの)幅が小さいというか、そういうところはあります。ですから、守備範囲が拡がったといういい方もできるかもしれないですね。

◆今年は、どのサーキットも「2巡目」、ニコとも同等に走れている
—-前回のトルコでは、ニコ・ロズベルクとのタイム差はないというよりも、すでに凌駕していたと思いますが?
一貴
 うーん、そうですね、今年になってからはとくに、レースのなかでの(ニコとの)差というのは感じないですね。結果として見た目に現われている(リザルト)よりも、少なくなっていると思います。それがぼくのなかで、去年とくらべてよくなった部分だと思うので……。それがやっと、カタチとして”見えだした”のがここ2戦くらいだと思ってます。どんどん内容もよくなってきてますし、経験というか、どのサーキットでも「2巡目」になっているので、そういう意味ではよくなってきていると思ってます。

—-今回、ニコのクルマにはエアロのアップデートが入ってるということですが、一貴車にも?
一貴
 はい、同じです、(アップデートは)入ってます。

—-ここのレースだと、自宅から通ってる?(笑)
一貴
 いえ、さすがに、すぐそばのホテルに……。うちからですと、40分くらいかかるし、また、渋滞もありますし(笑)。

レースが終わる前なら(渋滞がないので)早く返れますが(笑)。

—ことしは今年は、レースがゴールしてから帰りましょう(笑)。
一貴
夜中まで帰れないくらいがいいですね(笑)。

—-祝杯でそうなるように(笑)。
一貴
ガンバリます(笑)。

                【STINGER / text by Iemura Hiroaki】

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER