F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   重量で見えた、ブロウンからレッドブル!?

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

重量で見えた、ブロウンからレッドブル!?

イギリスGPのスタート時点の重量が発表された。

FIAからのリリースは、エントリー順。マクラーレン、フェラーリ、BMWザウバーという具合にプリントされているが、グリッド順に並び替える(下表)と、レースを楽しむポイントが見えてくる。

◆フェッテル+レッドブルが重い!!

まず、今回最大の注目点は、ポールポジションのフェッテル+レッドブルが666.5kgとかなり重い燃料を搭載してQ3を走っていたことだ。

一般的に、「10kgの重さでコンマ3秒」と言われる。だがフェッテルのポール・タイムは、9kg軽いバリチェロ+ブロウンより2.5秒ほど速い。つまりフェッテル+レッドブルがバリチェロ+ブロウンと同じ重量だったとすると、コンマ5秒以上速い計算になる。この拮抗した戦いの中で、これは驚異的な差と言えるだろう。

フェッテルは、予選終了直後の会見で、「今週は最高だよ。小さなトラブルひとつなかったからね」と童顔に戻ってコメントしたが、レッドブルの速さは別格といってよさそうだ。

090620_weight.jpg
レッドブルは驚速。

◆ブロウンの優位は動いた!?

また、Q3進出の10台は、フェッテル+レッドブルを別格とすると、大きく二つに分けられる。中嶋一貴+ウィリアムズ、ライコネン+フェラーリ、アロンソ+ルノーの3台は軽めだが、他の6台がほぼ同じ重量と括ることができる。6台中の最も重いロズベルグ+ウィリアムズと最も軽いブロウンの2台(二人は同じ重さだ)の差は4kg。ここから、少なくとも、ブロウンがこれまでのように”圧倒的”ではないように見える。

ブロウンは、シルバーストンを舞台にした今週は、バトンが「アンダーステア」を訴えていると言われている。すでにトルコGPで勝ったゴール直後に、バトンのラジオにエンジニアが「アンビリーバブル!」と叫んだ話もある。勝って勝って勝ちまくった”ブロウン退屈症候群”は、そろそろ治癒の段階かもしれない。

しかし、ブロウンは三味線を弾いている、と言う声もある。シルバーストンはバトンの地元。期待が大きな”凱旋レース”は、ポールからスタートするより追い上げた方がバトンにとってやり易い!?

 どちらが正しいか、日曜日の13時(日本時間21時)にスタートするレースに注目だ!!

[STINGER] / 山口正己]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆イギリスGPスタート時の車両重量
予選ヨセン順位ジュンイ No. ドライバー チーム ソウ重量ジュウリョウ STG重量ジュウリョウ 目安メヤス
1       15       フェッテル レッドブル 666.5       3.5kg
2       23       バリチェロ ブロウン 657.5       12.5kg
3       14       ウェーバー レッドブル 659.5       10.5kg
4       9       トゥルーリ トヨタ 658       12kg
5       17       中嶋一貴ナカジマ ウィリアムズ 652.5       17.5kg ▽▽
6       22       バトン ブロウン 657.5       12.5kg
7       16       ロズベルグ ウィリアムズ 661.5       8.5kg
8       10       グロック トヨタ 660       10kg
9       4       ライコネン フェラーリ 654       16kg ▽▽
10       7       アロンソ ルノー 654       16kg ▽▽
11       3       マッサ フェラーリ 675       +5kg
12       5       クビツァ BMWザウバー 689.5       +19.5kg ▲▲
13       2       コバライネン マクラーレン 695.5       +25.5kg ▲▲▲
14       8       ピケ ルノー 682       +12kg
15       6       ハイドフェルド BMWザウバー 665.5       4.5kg  
16       21       フィジケラ フォースインディア 668       2kg
17       11       ブルデー トロ・ロッソ 687.5       +17.5kg ▲▲
18       20       スーティル フォースインディア 692       +22kg ▲▲▲
19       1       ハミルトン マクラーレン 666       4kg
20       12       ブエミ トロ・ロッソ 672.5       +2.5kg

<目安>
*670Kgを基準値として、重くなる場合は▲、軽くなる場合は▽
*▲と▽は、ひとつ=10~15kg、ふたつ=15~20kg、三つ=20kg以上

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER