F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ライコネン、スーティルとの接触にお咎めなし

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ライコネン、スーティルとの接触にお咎めなし

F12009Deutschland_O4V2707.jpg

レース・スチュワードは、ドイツGPでキミ・ライコネン(スクーデリア・フェラーリ・マルボロ)とエイドリアン・スーティル(フォース・インディア・F1・チーム)の接触は、レーシング・インシデントだったとして、お咎めなしと判定。

ドイツGP中盤、ピットから出てきたスーティルと、ホームストレートを通過したライコネンは、ちょうど同じタイミングで1コーナーに進入し、そこで接触した。スーティルはクラッシュで破損したフロントウイングを交換するために、もう一度ピットに戻って、ふたたびトラックに戻ったが、チーム初のポイントがかかった貴重なレースを不意にしてしまった。一方のライコネンは、34周目に破片を拾い、ラジエターの冷却液系統が破損し、液漏れしたため、リタイアとなった。

※レース・スチュワード
レースの協議審査委員。レース中に起こった出来事を、ルールに基づいて判定する。

※レーシング・インシデント
レース中、意図せず起こってしまった事故。


記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

ライコネン、スーティルとの接触にお咎めなし

F12009Deutschland_O4V2707.jpg

レース・スチュワードは、ドイツGPでキミ・ライコネン(スクーデリア・フェラーリ・マルボロ)とエイドリアン・スーティル(フォース・インディア・F1・チーム)の接触は、レーシング・インシデントだったとして、お咎めなしと判定。

ドイツGP中盤、ピットから出てきたスーティルと、ホームストレートを通過したライコネンは、ちょうど同じタイミングで1コーナーに進入し、そこで接触した。スーティルはクラッシュで破損したフロントウイングを交換するために、もう一度ピットに戻って、ふたたびトラックに戻ったが、チーム初のポイントがかかった貴重なレースを不意にしてしまった。一方のライコネンは、34周目に破片を拾い、ラジエターの冷却液系統が破損し、液漏れしたため、リタイアとなった。

※レース・スチュワード
レースの協議審査委員。レース中に起こった出来事を、ルールに基づいて判定する。

※レーシング・インシデント
レース中、意図せず起こってしまった事故。


記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER