F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   コスワース、エンジンの性能に自信

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

コスワース、エンジンの性能に自信

090707C.jpg
「回転数にアドバンテージがなくても問題なし」とコスワース。

来期から、F1に新規するマノー・グランプリ、カンポス・グランプリ、チームUSF1へエンジンを供給するコスワースは、F1への復帰に自信を持っている。

元々、コスワースは、メーカー系チームの開発が進んだエンジンに対抗できるように、2010年のエンジン回転数の上限をを20,000回転まで認められていたが、F1の分離を避けるために改定された規約によって、回転数の上限を18,000回転に変更。そのため、新規参入の3チームはパフォーマンス不足に悩まされる可能性が考えられていた。

コスワースのティム・ロウティス社長は、「シミュレーションでは、18,000回転でも他のチームのエンジンと大差ない性能があることが分かった。再調整が済んだエンジンを使ってもパフォーマンス面で劣ることはない。回転数を落としたことで、オイルの排熱が下がって、ラジエーターを小型化できるし、燃費もよくなる」とコメント。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER