F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   中嶋一貴金曜日会見全録

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

中嶋一貴金曜日会見全録


「タイトな予選になるはずだが、でも、手応えはある!」

◆新しいフロント・ウイングは”いけそう”だ!
—-金曜日の二つのセッション、かなり好調に見えましたが?
中嶋一貴(以下、一貴)  そうですね、午前と午後、ともに、順調にプログラムをこなせましたし、午後のロングランも、悪くないペースで走れました。

ニュー・タイヤのアタックでは、多少の問題もあったんですけれど、その原因はわかってますし、明日に向けては、もう少し、よくできる(修正できる)んじゃないかという手応えはあります。

—-フロント・ウイングについては、取り替えながらの走行でしたが?
一貴 そうですね、いまのところは、新しい方で行けるのではないかという感触です。フロント・ウイング(の変更)だけでは大きな違いはないんですけど、ほかにも三つ四つ、新しいパーツが入ってますので、それらをトータルすれば、ある程度、いいステップを踏めると思ってます。

あとは、ほかのチームと較べて、どのくらいの位置にいるかというのが重要になってくると思うんですけれど、いまのところ、順調に来ています。

◆プライム・タイヤを、うまく使いこなせていない……
—-かなり暑いなかでの走行で、タイヤのフィールは?
一貴 うーん、タイヤでは、硬い方のタイヤがちょっとむずかしいところがあって……。グリップ自体もよくなかったですし、あと、なぜか、柔らかい方──オプションよりも(タイムの)”落ち”が早かったりとか。

これがちょっと、想定外ではあったんですけれど、ただ、柔らかい方のタイヤは、パフォーマンス的にも、またロングランでの”保ち”もよかったので、レースに向けては、いい手応えを持って臨めると思います。

—-硬い方のタイヤがいまひとつ、ということに対する対策は?
一貴 うーん、何とも(いえないですね)……。グリップが、オプションに較べてよくないのは、まあしょうがないことなんですけど、でも(タイムの)”落ち”もあったので。ですから、レースは基本的に、柔らかい方のタイヤで行くということになるでしょうね。

二つのタイヤはコンパウンドが違うので、(走行しての)フィーリングの違いは大きいですね。あと、ラップタイムの違いも、思っていたほど”小さくはない”なあ、という感じですね。

—-硬い方のタイヤの性能低下は、グレイニングが出ていたリするから?
一貴 それはないです。ただ単純に、グリップが落ちる……。主にはリヤですけど、でもフロントも、ですね。

—-それは、明日も課題として残りそう?
一貴
 まあ明日は、予選重視になっていくんで、硬い方のタイヤは無視(笑)でいいんですけど。
でも(決勝の)レースでは、それ(落ち)を見越して周回するというのが(対策として)一番かなと思いますけどね。

あと、柔らかい方のタイヤが何周まで(性能を保って)行けるかというのが未知数なので、それも考えないといけないんですけど。

—-二つのタイヤの性能が接近してるだけに、どこでどうタイヤを使うかというのは、かなり悩みそう?
一貴
 そうですね、はい。

◆”いい流れ”で終始した金曜日
—-新しいパーツがいろいろ入っているというのは、具体的には?
一貴 フロントウイングと、リヤウイングと。あとは、バージ・ボードと、その周辺ですね。ボードは、ステーはそのままので、その下ということですが。それと、ミラーのステーの下の部分も変わってます。

—-その変更は、タイムアップには貢献する?
一貴 ……と思います。走りの感覚が変わるかというのは、(前回とは)サーキットも異なるので、何ともいえないですね。

あと、この変更は、ハンガリーだけではなく、これからを見据えての変更ということです。

—-パーツは、昨日の夜に着いた?
一貴 フロント・ウイングは、一個は昨日着いて、一個は今日の昼に着きました。ですから、午前中は(新パーツが)あれば使ったんですけど、なかったんで、付けられなかった(笑)。

パトリックが、今日の昼に、チームのプライベート・ジェットで着いたので、それといっしょに、パーツも、ということで。

—-今日は、いつも以上にとてもいい流れで来た「金曜日」だと思いますが?
一貴 そうですね、前回、前々回と較べると、金曜日のパフォーマンスという部分では、いままでよりいいのかなという気はします。

ただ、周りのチームがどんなプログラムでやっていたかはわからないし、コンディションも違うので……。ぼくらに(このサーキットや新パーツが)合ってればいいなとは思いますけど。

—-コースの状態は?
一貴
 歩いてみたときもそうでしたが、今回は、あまりホコリっぽくないんですよね。ですから、午前の段階から、トラックはかなりキレイだなと思いながら走ってました。路面は、どんどんよくなってきていると思います。

—-予選でのトップテンへの感触は?
一貴
 うーん、何とも……。周りのプログラムも(搭載)燃料の状態もわからないので、何ともいえないんですけれど。間違いなくいえるのは、まあ、いつも通りですけど、”タイトな予選”になるということで。

マクラーレンも最近速くて、ルノーも前回あたりから上がってきているので、そう考えると、ちょっとしたことで(位置が大きく変わってしまう)……という予選になるでしょうから。
でも(ウイリアムズが)”いい位置”にいることは間違いないと思いますので、全力を尽くして、トップテンに行けるように頑張ります。

—-決勝は、やっぱり、柔らかい方のタイヤが?
一貴
 ええ、メインになりそうですね。あとは、どこまで”保つ”かですけど。でもいまのところ、大丈夫そうですね。そんなに(タイムが)落ちる気配もなく、またグレイニングもなさそうなので。

【STINGER / text by Iemura Hiroaki】

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER