F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   重量発表で作戦が見えた!!

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

重量発表で作戦が見えた!!

F12009Hungary_061I0351.jpg

◆正反対のルノーとブロウンの作戦

ハンガリーGPのスタート時点の重量が発表された。最低重量605kgから、燃料搭載量が読める。今回は、チームの作戦が明確で面白い。

まず、ポールポジションのアロンソは、予想通りの超軽。ルノーのデータによると、オンガロリンクは、10kg重くなると0.43秒遅くなる。とすると、仮にアロンソがフェッテル+レッドブルと同じ燃料を積んでいたとすると、0.75秒遅くなって、6位に落ちる。

しかし、アロンソは、単にポールを取りたかったのではなく、3ピット・ストップに勝機を見いだしてるのだ。簡単ではないけれど、正攻法では勝てない。護りのチームには真似ができない作戦だ。もちろん、アロンソの揺るがないデタミネーションあってこその作戦でもある。

◆手堅い(!?)ブロウン
その真似ができなかったのが、ブロウン。いや、そもそもブロウンさん、真似をする気はサラサラなかった? バトンに665.5kg、バリチェロにはなんと689kgを背負わせてスタートさせる。

2チームの作戦は、これまたルノーの資料によると、フンガロリンクの燃料消費が1周につき約2kg使うとのことだから、アロンソは16周目にはピットに入らねばならないのに対して、バトンは22周まで、バリチェロは70周レースの半分を楽々越える42周まで引っ張れることになる。つまり、バリチェロは、1ストップもあり、ということだ。

3ストップは無謀にも映るが、ピットロードのレイアウトから、他のコースよりもピットインのロスが短くて済むオンガロリンクは、3ストップは現実味がある。さらに、抜きにくいフンガロリンクのグリッドは、前にいるほどレースを有利に進められる。

ところが、なのにブロウンは二人とも重かった。バリチェロは後方スタートだが、”抜けないコース”を考えると、超重はありか。いずれにしてもバトンの重さは、よほどレースに自信がある、という解釈もできる?

さて、どちらが正解か。また、これまで、650kg前後でブレがなかったブロウンが重い燃料でスタートすることを決め、さらに二人に20kg以上の差をつけた裏にあるのは、苦し紛れなのかそれとも。後半戦に向けて、ブロウンのマシンポテンシャルがどういう方向に向いているか、レースの流れが教えてくれそうだ。

◆ハミルトンのダッシュに注目
ポールポジションのアロンソと、ブロウンの2台、そしてQ3進出が金星だったブエミの4台を除いたトップ10の6台は、650kg台で足並みが揃っている。

そこで注目されるのが、予選4番手のハミルトン+マクラーレン。2台のレッドブルよりやや軽めで、かつKERSを持っている。スタートの1コーナーで、前戦のドイツGPのようにダッシュが決まれば、レースのカギを握る存在になるかもしれない。

オンガロリンクは、元々追い越しが難しい。ハミルトン+マクラーレンが前に出たら、”抜かれない武器”であるKERSの威力が証明されることになるかもしれない。

ちなみに、ブロウンのバトンはコースが汚れたダーティー・サイド。斜め後ろから、やや軽めの一貴が前に出る場面も考えられるから、いつものレース以上にスタートは大きな見どころになりそうだ。

※上記記事で、ハミルトンの予選順位が「3番手」と間違って表現されていましたので、「4番手」に修正しました。

【STINGER / Masami Yamaguchi】

予選順位 No. ドライバー チーム 総重量 STG重量 目安
1     7   アロンソ ルノー 637.5kg -33kg ▽▽▽
2     14   ウェーバー レッドブル 652kg -18kg ▽▽
3     15   フェッテル レッドブル 655kg -15kg
4     1   ハミルトン マクラーレン 650.5kg -19kg ▽▽
5     16   ロズベルグ ウィリアムズ 654kg -16kg ▽▽
6     2   コバライネン マクラーレン 655.5kg -14.5kg
7     4   ライコネン フェラーリ 651.5kg -18.5kg ▽▽
8     22   バトン ブロウン 664.5kg -5.5kg
9     17   中嶋一貴 ウィリアムズ 658kg -12kg
10     3   マッサ フェラーリ ———- ———-
11     12   ブエミ トロ・ロッソ 671.5kg +1.5kg
12     9   トゥルーリ トヨタ 671.3kg +1.3kg
13     23   バリチェロ ブロウン 689kg +19kg ▲▲▲
14     10   グロッグ トヨタ 679.2kg +9.2kg
15     8   ピケ ルノー 667.7kg -3kg
16     6   ハイドフェルド BMWザウバー 658kg -12kg
17     21   フィジケラ フォースインディア 680.5kg +10.5kg
18     20   スーティル フォースインディア 683.5kg +13.5kg
19     5   クビツァ BMWザウバー 666kg -4kg
20     11   アルゲルスォリ トロ・ロッソ 675.5kg +5.5kg

<目安>
*670Kgを基準値として、重くなる場合は▲、軽くなる場合は▽
*▲と▽は、ひとつ=10~15kg、ふたつ=15~20kg、三つ=20kg以上

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER