F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   中嶋一貴予選後会見全録

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

中嶋一貴予選後会見全録

090725_kazuki-2.jpg

◆せっかくのQ3だったが、内容はあまりよくなかった

—-Q2では2周目でタイムを出して、見事にQ3へ・・・という予選でしたが?
中嶋一貴(以下、一貴)
 そうですね、Q3では、積んでいる燃料を考えると、もう少し前に行かなければならなかったんで・・・。ですから、内容としても結果としても、あまりいいQ3ではなかったんですけど。

あと、Q2ではアタックにいってちゃんとタイムが出て、いい感じでQ3へ行ったんですが、Q3では、思ったほどタイヤが温まらなくて、グリップが得られなかったので。それがなぜなのかは、もうちょっとデータを見なければいけないんですが。

—-予選では、多くのドライバーがソフト側のタイヤを使ってアタックしましたが、決勝レースでも?
一貴
 おそらく、そうなる(軟らかいタイヤ主体)と思いますね。昨日の段階で、”タレ”も少なかったし、パフォーマンス的にも非常に安定していたので。

—-獲得した5列目のグリッドというのは?
一貴
 展開次第ですけど、(あまりよくなかった)Q3の内容ほどには悪くない(位置にいる)ので、じっくりと攻めて、いいレースをしたいと思ってます。

—-Q3では、タイヤのウォームアップに苦しんだ?
一貴
 そうですね、2周目にはよくなるかと思っていたんですけど、意外とそうでもなく、ちょっと苦労しちゃいましたね。

—-それは、タイヤの前も後ろも?
一貴
 そうです。

—-クルマのバランスは?
一貴
 バランスは、うまいところに合えばいいんですけど、そこから外れやすいというか・・・。ちょっと”スナッピー”(突然、パンと弾かれるように滑る)で、とくにリヤが。そして、前も、ちょっと行き過ぎるとアンダーになってしまうとか。
タイヤも、セットによっては温まりにくいものがあったりして、そのへんも、むずかしいですね。

—-午前中の前半は、ずっとタイムが上がらなかったが?
一貴
 (フリー走行の)前半はずっと、プライムの新品で走っていたので、タイムが上がらないのは、ある程度仕方がないと思ってました。
予選になっても、一回目はウォームアップもよくなかったし、自分のなかでも、うまく走れてなかったので、タイム的にも、もう一歩でしたね。Q2になったら、うまく”合わせる”ことができましたけど。

—-Q1のアタックは、タイヤはプライム(硬い方)からオプション(柔らかい方)の順?
一貴
 そうですね。

—-予選全体が、あまり”いい流れ”ではないように見えたが?
一貴
 うーん、Q2までは、流れ的には”もう一歩”という感じはありましたね。でも(Q3には)行けるとは思ってましたけど。

◆ロングランが好フィールなので、レースは心配してない

—-予選が終わって、ここから先は、ロングランなど、レースをどうするかということになりますが?
一貴
 基本的には、昨日のロングランでも、ある程度いいタイムで走れてますし。今日の感じと昨日では、タイヤのフィーリングがちょっと違うという部分はあるんですけれど。ただ、ロングランについては、昨日はいい感じだったんで、レースについては、あまり心配はしてないです。

—-マッサのクラッシュで、中断がありましたが?
一貴
 チームからは、Q3の開始が遅れるといわれただけで・・・。クルマがクラッシュしているのは見えたので、クルマの状態から、メディカルな対策などがあるんだろうなとは思ってました。ただ、何かがぶつかって、ああなっていたというのは知らなかったので。でも、知らなくてよかったと思ってますけど(笑)。

—-タイミング・モニターが故障していましたが?
一貴
 自分が9番手か10番手にいるなということは、わかってました。自分のフィーリング的にも、あまりいいアタックではなかったので、そのへんだろうなとは思ってましたね。

◆想定したタイムが出なかったQ3
—-タイムと搭載燃料との絡みでいうと?
一貴
 そんなに軽いわけではないんですけれど、ただ、想定のラップタイムよりは遅いんで、そこがちょっと残念ではあります。

—-その「重量」は、まだ出てないんですが、では明日は、ちょっと苦しいレースになりそう?
一貴
 まだ(周りが)わからないんですが、でも、トップテンのなかでは、どちらかというと(ぼくは)重い方だとは思ってますので、そんなに悲観はしてないです。ただ、もう少し、いいところからスタートできれば、もっとよかったんですけど。

—-グリッドで9番手というのは?
一貴
 燃料にもよりますけど、そんなに悪いポジションではないです。(路面を比較した場合も)クリーンな側からスタートできますし。

—-今回は、タイヤに文句を言ってるドライバーが多いですが?(笑)
一貴
 はい! まあ、そのうちのひとりです(笑)。文句ということではないんですが、むずかしいですね。

—-硬い方が?
一貴
 硬い方もそうですけど、軟らかい方も、うまく「入る」ときと「入らない」ときがあって・・・。
路面もバンピーなところがあるので、どこで(想定外の状態に)「行く」のかなあというのがありますね。
レース中は、(走行する)ライン上は、路面がどんどんよくなっていくと思いますが、ただ、ラインの外は──去年は、外側はタイヤ・カスで非常に汚かったというイメージがあるんですけど、今年はどうなるのか。

—-2種類のタイヤの使い方は、もう見えている?
一貴 ある程度は。

—-硬い方は、(スティントは)相当短い?
一貴
 うーん、ワン・スティント目、ツー・スティント目で、どこまで行けるかというのとも絡んできますね。

                【STINGER / text by Iemura Hiroaki】

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER