F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   中嶋一貴 決勝後会見全録

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

中嶋一貴 決勝後会見全録

F12009Hungary_O4V8053.jpg

◆さまざまな意味で”白いクルマ”と闘った日……

—-惜しくも9位というフィニッシュですが、悔やむべきは「(バトンにパスされた)2周目の1コーナー」ですか、それとも、あの「白いクルマ」の存在ですか?
中嶋一貴(以下、一貴) うーん……「2周目の1コーナー」が、すべてといえばすべてだったとも思います。「白いクルマ」がぼくの前に立ち塞がっていたということもありますけれど。(そのクルマは)タイヤに、たぶん問題があったんでしょうけど、思った以上に、スピードが伸びなかったので、余計に(ぼくにとっては)痛いという状況になってしまいました。

—-2回目のピットストップでは、順位が変わるかと思っていたんですが?
一貴
 そうですね、何とかギリギリ、1周長く行けたんで、(前に)行けるかなと思っていたんですけど、向こう(バトン)の1周目(アウトラップ)が、途轍もなく速いラップタイムだったので、これはちょっと想定外でしたね。

—-そのバトンの、そのときの装着タイヤは、ハード側(プライム)でしたからね。
一貴
 まあヤルノにしてもそうだったと思いますけど、ぼくにしても、硬い方のタイヤは、かなりウォームアップはむずかしかったんですが……。(このときのバトンは、そうではなかったようで?)

—-イギリスにしても、また、このハンガリーでも、「ポイント」まで、ほんとにあと一歩なんですが?
一貴 そうですね、上位がかなりタイトななかで競り合ってますので、すべてをうまく揃えないと、いいところには行けない状況になっているので。それが、今回もまた、ちょっとうまく行かなかったですけど、でも、クルマのパフォーマンスはいいですし、もう少し、しっかりと「まとめる」ことができれば、結果はついてくると思うので、変わらず、次もプッシュしたいと思います。

—-これからF1は夏休みになりますが、日本に帰ったときに”厄払い”をするというのは?(笑)

一貴 フフ、それは、ちょっと考えた方がいいかもしれませんね!(笑)

◆向こうが一枚ウワテだった?
—-ちょっと話が戻りますが、「2周目の1コーナー」について、もう少し?
一貴
 ウォームアップもあんまりよくなかったんですけど、そして、最終コーナーが若干アンダー気味ではあったんですけど。でも、(最終コーナーを)出たところでは、距離的には十分(開いていて)大丈夫だろうと思っていたんですが……。まあ、向こう(バトン)の方が、一枚ウワテだったといえばウワテだったということで。……それしか、いいようがないですね。
(後ろから)来ているのはわかっていたんで、(ぼくが)ブレーキを特別に早く踏んだわけでもないですし。でも、気がついたときは、もう、並ばれてましたね。(あのコーナーは)もっと思い切って、インサイドを閉めていた方がよかったのかもしれませんけど。

—-スタートはどうだった?
一貴 クリーンな側からのスタートだったので、まあ、いいスタートでしたが、でもあとでビデオを見ると、ライコネンとアロンソは、ぼく以上に、いいスタートをしてましたね。

◆アウトラップでの”白いクルマ”、その驚異の速さ!
—-2周目からは、ジェンソン(バトン)のあとについて走ることになりましたが、でも、二回目のピットストップは、彼(バトン)の方が早かったですよね?
一貴
 思ったよりも、向こう(の第一スティント)が長くて、そのため、ぼくらも燃料をセーブして、何とかギリギリのところで(ストップまで)1周、伸ばせたんですけど。でも、向こうのパフォーマンスで、すべて吹っ飛んでしまったんですね(笑)。……あれ、硬い方のタイヤですよね?

—-硬い方のフレッシュ・タイヤですね。
一貴
 こっちも、フレッシュだったですけどね。……でも、ワン・スティント目から(バトンの)ペースは全然遅かったですからね。それが予定外といえば、予定外だったんですが(笑)。

—-ソフト側であれだけ問題があったクルマが、ハード側を付けて、すぐに、あの速さで……!?
一貴
 たぶん、みんな同じように思ってるんじゃないですか(笑)。ぼくも、ピットを出た瞬間に、あれっ!?と思いましたから。

—-普通は、あとからピットに入った方が(この場合は一貴)、ライバルより前に出られるけどね。
一貴
 そうですね。

—-最後は、ヤルノを抜くまでは至らなかった?
一貴 むずかしいですね、ここはやっぱり(抜く)場所がないです。

—-今回は、クルマとしては?
一貴
 路面もバンピーで、バランス的には(セットアップが)むずかしかったですけど。でも、周り(他チーム)と較べれば、クルマとしては十分にコンペティティブだったと思います。

—-でも、今年はほんとに”接近戦”になってるから!
一貴 一昨年も、テスト・ドライバーとして(F1を)見ていて、「タイトだなあ!」と思ってましたけど、年々、その傾向が強くなってますね。ほんのちょっとのことで、すべてが変わってしまうくらいタイトです。やってる方にとっては”タフ”で、やり甲斐もありますけど。だから、見ている方がおもしろいだろうなという気はしますけど(笑)。

【STINGER / text by Iemura Hiroaki】

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER