F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   中嶋一貴金曜日会見全録

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

中嶋一貴金曜日会見全録

09820_kazuki-2.jpg

◆路面は午後になると急速によくなった

—-レースウイークの初日、いかがでしたか?
中嶋一貴(以下、一貴) 午前、午後ともに、しっかりとプログラムを”こなす”ことができましたし、ラップタイムも安定して、出すことができたので、まずは明日に向けて、いい金曜日のセッションになったと思います。

—-今日は各車ともに、リヤタイヤのグリップ不足に悩んでいるように見えましたが?
一貴
 そうですね、午前中、かなりトラックが汚かったので、グリップもあまりよくなかったですし、タイヤのグリップ性能の”落ち”もかなり大きかったんですけど。でも、午後になって、かなりトラック・コンディションがよくなりましたし、タイヤのグリップも非常に安定して、どちらのタイヤでも、ロングランでしっかりタイムを出せる状況だったので、レースに向けては、あまり心配は要らないと思います。

—-フロントウイングなど、新しい空力パーツのテストもしていたようですが?
一貴
 ニコが、前回に使っていたものと、その前に使ったものと比較をしてましたけど。でも今回は、基本的には前回と同じパッケージで行くので、変わりはありません。

—-順調な一日だったといっていいですか?
一貴
 そうですね、とくに大きな問題もなく・・・。暑いことは暑かったですけどね(笑)。

—-全体に、去年の初日よりはペース(各車のラップタイム)が遅いんですけど?
一貴
 そうですね、コンディションによるところが大きいのかなと思いますけどね。去年と較べて、今年の方が”滑る”というようなことはなかったんですけど、ラップタイムで見ると、1〜2秒遅かったなというのはありますね。ただ午後になると、走るほどに、路面はよくなってきて、タイムも上がってきましたが。

—-シケインでは、ミスしたり”行き過ぎて”しまったりと、いろいろ試しているようでしたが?
一貴
 あそこは、ブレーキングでちょっとむずかしい部分があって、行き過ぎて……というのは、何回かありました。

◆ここでは、どちらのタイヤでも問題がない!
—-タイヤについては?
一貴
 午後のロングランでは、どちらのタイヤも最後までタイムは落ちなかったですし、ブレーキングも変わりなかった。ですから、(うちのクルマの場合は、タイヤについては)あまり問題はないかと思ってます。

—-ベストタイムのときのタイヤは、スーパーソフト(オプション)?
一貴
 そうです。ウォームアップのあとの2周目でしたね。プッシュすれば、(履いてすぐの)2周目でもタイムが出るタイヤだと思います。

—-コーナーでの縁石ですが、乗ったり乗らなかったりしていたようだが?
一貴
 あれは、乗ってみて”跳ねる”ようなら乗らないし、跳ねないなら乗ってしまうということですね(笑)。最後のハイスピードのところとか(コーナーの)出口とか、こういったところでは(弾かれてクルマのバランスが崩れて危険なので)乗れませんが、それ以外は、乗れるなら乗ってしまう。

◆今年で最も暑いグランプリになる!?
—-初日、順調とはいえ、アロンソを除くと接戦ですよね。
一貴
 アロンソは速かったですね。明日、彼にどこまで迫っていけるかというのはわからないですけど。接戦ではあるので、ミスのできない予選になるかと思いますけど、でも、まあ、いつものことなので(笑)。

—-4週間ぶりにレーシングカーに乗って、どのくらいで”スイッチ”が入りましたか?
一貴
 (セッションが)はじまって2周目くらいには、いつも通りのペースに戻れたかなと思います。

—-このサーキットは、ピットが広くないですよね?
一貴
 そうですね、ピットも狭いし、路面もよくないので、定められた停止位置に止まるというのが、けっこうむずかしいですね。

—暑さでいうと、今年はここが一番?
一貴
 今年でいうと、マレーシアかここか、という感じですね。バーレーンも暑かったですが、割りと乾いていたんで、あんまり気にならなかった。ここは、最初はそうでもないと思っていたんですけど、暑くなりましたね!(笑)

【STINGER / text by Iemura Hiroaki】

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER