F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   中嶋一貴 決勝後会見全録

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

中嶋一貴 決勝後会見全録

090823 NK v.jpg

◆悪い流れの結末は、リヤタイヤのバースト!

—-今日のレース、スタートはどうでしたか?
中嶋一貴(以下、一貴)
 スタート直後は、まああまり流れはよくなかったんですけど、(ルノーの)グロジャンと(フェラーリの)バドエルが絡んだことで、また、元の位置に戻ることができましたね。
ただ、そのあとは、ワン・スティント目の中盤からは、ちょっと前に突っかかる(詰まる)状態になって。ペース的には、もう少し速くも行けたんでしょうけど。

結果として、長く、ワン・スティント目を走ってしまったんですが──予想に反して。ただ、どの道、苦しいレースではあったので。パンクチャーもありましたし、最後は、ギヤボックスにダメージを負わないために(マシンを)止めなくてはならなかったんですけど。

—-パンクチャーというのは、どういう状況?
一貴 その前の周から、タイヤの内圧が下がっていて、少しおかしいという兆候はあったんですけど、何が原因かというのは、ちょっとわからないですね。

—-何か”拾って”しまった?
一貴
 可能性としては、あると思います。

—-今週は、土曜日の午後以降は、あまり”いい流れ”ではなかったですね。
一貴
 そうですね。結果として、予選がよかろうと、決勝がこういう状態なら”残念”の度合いも増えますが、最初から悪かったので、そういう意味では諦めがつきやすい週末でした。

◆リヤがおかしいという兆候はあった
—-パンクチャーというか、あのタイヤのバーストは、そんなに突然ではなかったということ?
一貴
 そうですね、リヤに違和感があるというのは感じていて、チームの方もそれを確認していて……。それで、ストレートで(バーストが)来た、と。まあ、ハイスピードでなくてよかったと思いますけど。

—-燃料を積んで、相当重い重量でスタートして、その「重い」ときの挙動は?
一貴 それは問題はなかったですね。硬い方のタイヤで行って、スティントの前半は多少グリップに苦労したところはあったんですけど、中盤からは、自分のベストを更新しながら走れていたので。まあ、前に一台いたので、それがなければ、もっといいペースで行けたというのはあるかもしれませんが。でも、フィーリング的には悪くなかったです。

—-ギヤボックスへのダメージというのは?
一貴
 バーストしたことで、これは中国のときと同じなんですが、デフが余計にスリップしてしまって、それに負担をかけないように、ということですね。

◆スパではアップデートも入る、ウイリアムズには競争力がある!
—-タイヤを替えたあとの走りは?
一貴
 ハンドリングにはとくに問題なく……。まあエンジンも少しセーブして走ってたというのはありますけど。

—-次の舞台であるスパ(フランコルシャン)に向けては?
一貴
 スパでは、多少のアップデートも入る予定なので、クルマとしては、普通に行けば、確実にトップテンのなかでレースができる状況だと思っているので、来週すぐにレースがありますし、うまく切り換えて頑張ります。

【STINGER / text by Iemura Hiroaki】

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER