F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   トヨタ新居TCD レース後会見全録

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

トヨタ新居TCD レース後会見全録

090823 ttcd.jpg

◆今週は、予選が”すべて”だった
新居章年技術コーディネーション担当ディレクター(以下、新居) レース中に、ティモがベストラップを出して、あれはちょっと”心の拠りどころ”ができたという感じでしたが、でも(今週は)予選がすべてだったな、と。
ここ3戦、ずっとそんな状況で……。ハンガリーはたまたま2台が入賞ということになりましたけど、でも、表彰台を狙うとか、そういったもっと上の方で闘うという状況にはなってない。

バルセロナ以降、勢いがなくなっちゃって。トルコ、イギリスで、ちょっと戻ったかなと思ったんですけど、その後失速気味で。今回はとくに、コースのレイアウトがうちのクルマに合ってると思ってたんですけど、それがこういう結果で、ショックは大きかったですね。

予選の闘い方にしても、デフォルト(の方策)だけでなく、何か(別のやり方の方に)”振って”みるというのもいいかもしれないと思ってます。

スパは雨だといわれてるんですけど、でも、降っても晴れてもレースはあるので。ともかく一週間ありますからね、その間にできることはやって──とくにソフト面というのは、一週間あれば”組み直す”ことはできるんで、そういった面をしっかりやりたいなと思ってます。

—-ヤルノは、ピットスタートではなかったですね?
新居 ええ、テクニカルな面で何かを変えなくてはいけないということはなかったので、そのまま(グリッドから)行きました。

◆追突されて、ティモの入賞の見込みも消えた
—-レースを振り返って、ティモは?
新居 ティモは、一周目にちょっと滑ってしまったかなと思います。あのポジションからのスタートであれば、ポイント(獲得)も狙えたと思うんですが、後ろから当たられるということになって、タイヤが切れちゃって。
あの場所からですと、ほぼ一周ですからね、ピットまでは。それで時間がかかってしまって、この時点で、できるだけ頑張ってくれというしかない状況になってしまったと思います。

それで、ピットで燃料を足して、あとは予定通りということで。オプションのタイヤがけっこう保っていたので、プライム/プライム/オプションなのか、プライム/オプション/オプションなのかは、ちょっと様子を見ようと思ってたんですけど。

—-燃料を足したので、ワンストップかなと思ったんですが?
新居 それは、あの位置(順位)でしたのでね。(ストップが)1でも2でも変わらないので「ツー」で行きました。その方がクルマも軽く走れるし。
ヤルノは、あの位置であれば、タイヤの状態を見ても、プライム→オプションで行けるということだったので、迷わず、ワンストップにしました。

ドライバーからは、タイヤはオプションでよかったというコメントは入ってます。プライムも、ティモにいわせれば、(クルマが)軽くなってきたら安定したということで、最後まで問題なく使えた。オプションも、ずっと見てましたけど、けっこう”タレ”ずに、長く使えましたね。

◆予選の闘い方を変えることも考えている
—-ここには、トヨタとしてはかなり期待して入ったのではないかと思うんですけど、でもこういう結果で?
新居 それはやっぱり予選ですよ。予選の闘い方が、まだ足らなかったんだろうなと思います。

—-予選では、ヤルノの方が苦しんでいる?
新居
 ドイツ・グランプリは雨のなかでしたしね。ハンガリーとここ(バレンシア)は、予選になってから、何か感じが変わってしまって……ということで。

—-予選の闘い方を変えるというのは?
新居 準備ですね、予選の現場で変えられることと行ったら、いつ出るかと何周回るかということだけですから。だから、それに至るまでの準備ですね。

—-次回のサーキット、スパ・フランコルシャンは、TMGがあるケルンに近いですけど、クルマはいったんファクトリーに戻すんですか?
新居 戻します。直接スパには行きません。

—-次のスパ、クルマとの相性は?

新居 スパとかモンツァ、これまではあまり(トヨタ車には)よくなかったと思うんですけど、ムカシと違っていまのクルマは、ダウンフォースが少なくてすむようなところで、割りと力を出せるのかなと思ってますので、今年はいいかなと思ってます。今年は、クルマのコンセプトが違ってますのでね。

 【STINGER / text by Iemura Hiroaki】

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER