F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

新居トヨタTCD木曜日会見全録

090827 tgt.jpg

◆スパというコースは、トヨタ車には”合って”いる!
新居章年技術コーディネーション担当ディレクター(以下、新居) 天気は悪いかなと思っていましたが、よさそうです、三日間とも。クルマについては、ここ(スパ・フランコルシャン)は(トヨタに)”合ってる”と思っているので、ぜひ、いい結果を出したいなと思ってます。

クルマについては、ダウンフォースを少なめにした新しいリヤウイングを使います。フロントのウイングは前回から引き継ぎますが、もともとこれは、本来ここ(スパ)用につくっていたもの。バレンシアでは、行けそうだということで、ひとつ早く使った。ということで、前回のウイングをベースに、フラップ角の調整ができるようにしたものを持ってきてます。

あとは、ここはブレーキが(バレンシアよりは)ラクなので、ダクトも前回とは違うものになります。

でも、そういっていながら、前回はどうだったのよ!?ということになるかと思いますが(笑)、予選は実際うまく行きませんでした。でも、レースになったときのヤルノとティモのタイムは、いろいろなデータから換算してみると、決して悪くないのでね。ですから、クルマは”合って”いたんだろう、と。

◆今回から、予選の「進め方」を変える!
新居 ただ、金曜日も含めて、予選の「進め方」が拙かったのではないかということで、金曜日の「入り方」から、今回は変えていこうと思ってます。
バレンシアでは、プラクティス3のときに(コースに)石灰を撒いたりしたので、クォリファイが始まっても、路面はよくなかったですよね。ヤルノが予選の最初に「グリップがない」といったのは、(クルマではなくて)路面という原因もあったはず。

ティモのファステスト・タイムというのは、最後の方で、みんな(他のドライバー)がポジションのセーブに入っているときなので、参考にはならないかもしれませんが、でも、レースの前半から(他チームと)タイムを較べても、そんなに悪くない。……ということで、クルマは大丈夫かなと思えるので、今回は「進め方」をしっかりやっていきたいと思ってます。

—-その進め方というのは、具体的には?
新居
 前回でいえば、P1(フリー走行1=金曜日)でやりたい(テストしたい)ことが多すぎて、早め早めに(コースに)出した結果、(路面もよくなる前で)タイヤへのダメージが大きかった。ドライバーも、タイヤが(路面に)やられちゃったので、(タイヤそのものへの)評価ができない。そこでまず、勢いに乗れなかった。

P2(フリー走行2)は少し控えめに行ったんだけども、全体のトレンドからは離れたことをやっていて、自分たちの「ポジション」を正確に見極められなかった。

ですから今回は、P1で無理せずに、P2では予選を見据えて……というやり方をしたい。

予選にしても、Q3に進むためには、Q1、Q2をクリアしないと行けないわけで、Q3ではどうするかというのではなく、まず「Q3に進む」ということを重点的に考えながら進めたいと思ってます。

—-エンジンは、土曜日からは、今季の7基目を使う?
新居 それは、様子を見て決めようと思ってます。あと2基残ってますが、ウチにとっては重要なグランプリ(鈴鹿)がひとつあるので、ここが雨だったら当然(新品を)使う必要はないしとか、いろいろ考えてます。

◆今年は雨なしでレースをやれそうだが、低温でタイヤが心配
—-スパというコースは?
新居 ここは、低速コーナーが少ないですね。山の降りるところが(時速)100キロくらいかな。それを除くと、あとは150~160キロとか、そういうコースなので、減速が少ない分、ブレーキにはラクかなと思ってます。あと、ここは高地なので、気圧が低いですね。標高は400メーターくらい? 富士よりは低いと思いますけど。

—-天気予報は?

新居 天気予報は、明日(金曜日)が一番心配という状況になってます。明日は、雨の確率が30から50パーセント、午後が10から30パーセントで、明日が確率は高め。気温も、朝が16~17度、昼からが17~18度なので、路面温度もこれに5~10度足した範囲です、陽が射しませんのでね。
土曜日になると、雨はゼロから10パーセントの確率で、だから、降らない、と。ただ、冷え込んで、気温が朝は10から14度。昼は14度から16度。路面は25度以下。ですから、土曜日のP3(フリー走行3)は、こんな(低温の)状態のなかでやるということですね。

日曜日の天気は、レース時で、雨は降らないと思いますが、温度は17度から19度。路面温度が20度から30度ってことで、やっぱり低い。

今回は、タイヤがミディアムとソフトで、ミディアムがプライム、ソフトがオプションなんですけど、この温度だと、ラップタイムは(タイヤが違っても)変わらないかもしれない。また、プライムの方は、この温度から行くと、使いづらいかもしれなくて、とくに”寝覚め”が心配ですね。

—-ここでの一番の心配事項はタイヤ?
新居 ここ(スパ)での心配は天候だったんですよね。予選で雨が降らないかとか、レースのときの変わりやすい天気とか。でも、その懸念が一応払拭され安定しているとすると、次は、気温が低い、路面温度が低い──つまりタイヤが問題になりますね。
今回のオプション・タイヤはバレンシアでのプライムで、バレンシアではけっこうウォームアップに苦しんだので……。路面はここはパーマネントなサーキットで、バレンシアとは違いますが、こういう温度だと心配が出てきますね。

—-今回は、明日は”じっくり”ということ?
新居
 明日の朝、寒かったら、じっくり行きますよ!(笑)

【STINGER / text by Iemura Hiroaki】

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン44ポイント
2位マックス・フェルスタッペン43ポイント
3位ランド・ノリス27ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG60ポイント
2位レッドブル・ホンダ53ポイント
3位マクラーレン41ポイント
more
情報なし