F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

中嶋一貴金曜日会見全録

090828 nkv.jpg

◆リヤのグリップが足らない!
—-今日は、あまりいいタイムが出ないフリー走行になってしまった?

中嶋一貴(以下、一貴) そうですね、全体的にリヤ・グリップが足りないような状態で、ちょっと苦労しました。午前中は雨だったので、午後の限られた時間で、いろいろとセットアップを試したんですけれど、そのデータをこれから見直して、明日に向けて、できるだけいい結果が出せるようにするしかないですね。

—-午後はドライになって、各チームとも、2種類のタイヤを2セットずつ投入するという状況でしたが、タイムは、タイヤが違っても、あまり変わらなかったような?
一貴 そうですね、”一発のタイム”でいうと、二つのタイヤはあまり大きな差はないと思います。ただ、午後走ってみた感じでは、硬い方のタイヤの方がレースでは安定していそうな雰囲気はあったので。
あとは、予選に向けて、どっちがいいのかというのは、これからまた、見直さなければいけないですけど。いまのところでは(予選では)どっちだというのは、まだはっきりしないですね。

◆スタビリティも不足、明日に向けて要改良
—-スパは、ハイスピード・コーナーが多いサーキットですが、高速でのスタビリティは
?
一貴 リヤが不安定というのは、ロー・スピードだけでなくハイ・スピードでもそうなので、それが……。まあ午後は、多少バランスを変えて、よくなった部分もあったんですけど、まだまだ(他チームとの)タイム差を見ると、劇的によくしなければいけないと思うので、明日に向けて、何か大きなトライをしていくと思います。

—-今年、レギュレーションで許されている可変フラップ(フロント・ウィングフラップを1周につき二度動かせる)は、ここでは?
一貴 いまのところ、ここでは使っていませんね。(クルマの基本的な)バランスが、まだそれを使うところまで行っていないということが、ひとつありますが。
シーズンの前半、ハンガリーの前、ドイツまではかなりの頻度で使ってましたけれど。でも、ハンガリー、前回のバレンシアでは使っていなくて、今回もまた、いままでは(可変フラップを)使うところにまでは至ってないですね。

—-リヤのスタビリティ不足というのは、今日は最初から?
一貴 そうですね、雨のときからそうだったんですけど、晴れになってもそれは変わらず、ということで。去年も割りと、こういうかたちではあったんですけれど。ですから、ラップタイム的には苦労してますね。

—-ウイリアムズの二人のドライバー、ともに、ですよね?
一貴 そうですね、はい。

—-この金曜日は、”重いセッティング”で走っているのかと?
一貴 そうではないです、いつもと同じようなプログラムでやってますので……ですから、ちょっといまのところ、きびしい状況ですね。

—-今晩中に、いい方向へ持って行く?
一貴 そうですね、最後にいろいろとテストをしたので、それ(データ)をさらってみて──。あとは、フロントウイングであるとか、空力のパッケージも若干(今日とは)違うものもあるので、そういうものも含めて、うまくベストなものをピックアップするしかないですね。

—-今日は4セットのタイヤを使った?
一貴 そうですね、使いました。

—-最後のタイムが、ソフト・タイヤによるもの?
一貴 はい。ニコも? ……うーん、そのはず、です。

◆ここでは、ウイリアムズの”優位性”が消えている?
—-タイヤについては、ニコは、オプションの方がプライムよりも”暖まり”が悪いとコメントしてますが
?
一貴 ぼくは、あんまり大きな違いがあるとは思わなかったですね。ウォームアップに関しては、どっちもどっちという感じで。ただ、タイヤ的には、プライムの方がよさそうな感触はありましたね。

—-オー・ルージュで、オプションのタイヤが”動く”という、何人かのドライバーのコメントが?
一貴 軟らかい方は、(それは)ありますね。オー・ルージュだけでなく、いろんなところで”動く”感じがあります。

—-今日は、セクター2がとくに悪かった?
一貴 セクター2だけでなく、全体ですね。

—-それは、気温の問題もあって、タイヤが暖まらないから?
一貴 うーん、それもあるんでしょうけど。でも、というよりは、単純なグリップ不足ですね。去年も多少、この傾向はあったんですけど。今年のクルマでどうかな(改善されてるかな)と思ってたんですが、去年みたいになっちゃいましたね、若干!(笑)

今年はずっと、いいところにはいたんですけどね。それが、今回(スパ)は、ちょっと違うかな、と。いまのところ……(笑)。でも、明日までに、いろいろとできることはあると思うので、それをやるだけですね。

【STINGER / text by Iemura Hiroaki】

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン44ポイント
2位マックス・フェルスタッペン43ポイント
3位ランド・ノリス27ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG60ポイント
2位レッドブル・ホンダ53ポイント
3位マクラーレン41ポイント
more
情報なし