F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

重量発表で作戦が見えた!!

090829 jm s.jpg
予選トップ3。左から、3位のハイドフェルド、ポールポジションのフィジケラ、2位のトゥルーリ。

◆奇想天外!?
と言っては上位陣に失礼かもしれないが、ベルギーGP の予選結果は驚きなしにはいられないオーダーになった。

さらに驚いたのは、”圧倒的に軽い”と思われていたポールポジションのフィジケラ+フォース・インディアの重量が「648kg」とそれなりの重さだったということだ。つまり、フォース・インディアは”きちんと速い”。

ただし、2番手のトゥルーリ+トヨタは、トヨタのエンジニアが、「今日のヤルノは昨日のお兄さんで、ティモが昨日の弟」と、2位と7位の結果にジョークを飛ばしたが、予選2番手のトゥルーリが仮にフィジケラ+フォース・インディアと同じ燃料搭載量だったとしたら、”10kgでコンマ4秒”というデータから逆算して、軽くポールポジションを取れた計算になる。トヨタのポテンシャルはスパ-フランコルシャンではかなりのレベルにある、ということだ。

平穏無事にスタートが切られたとして、フィジケラ+フォース・インディアは、計算上、10周から11周目に最初のピットストップを行ない、その3周ほど後に最初のピットインをするはずのトゥルーリ+トヨタにトップを譲ることになるはずだ。

また、BMWザウバーの2台がQ3に進出したのも驚き。「撤退を発表すると、ホンダが撤退してブラウンが速くなったのと同じように、BMWザウバーも速くなる」というジョークも聞こえたが、ハイドフェルド+BMWザウバーはトゥルーリ+トヨタとほぼ同じ重量であり、それなりのポテンシャルを出せている、ということになる。

◆セフティカー出動の可能性
一方、後方スタートとなるドライバーは、中嶋一貴がいうように、軽くする奇襲作戦はここでは通用しないと見て、それぞれが重い燃料でスタートして”待ちのレース”を闘う作戦だ。ハミルトン+マクラーレンやバトン+ブラウンもその一派であり、19番手スタートの中嶋一貴+ウィリアムズも、706.1kgという最もたくさんの燃料を積み込んでスタートする。

土曜日の予選後に行なわれたGP2レースで、アクシデントが相次ぎ、ペースカーが何度も入った後にペースカーの先導のままでゴールを迎えることになった。F1でも荒れた展開も考えられる。となると、重めの燃料組にチャンスが出る可能性が見えてくる。

【STINGER / Masami Yamaguchi】

予選順位 No. ドライバー チーム 総重量 STG重量 目安
1     21   フィジケラ フォースインディア 648kg -22kg ▽▽▽
 2     9   トゥルーリ トヨタ 656.5kg -13.5kg
3      6   ハイドフェルド BMWザウバー 655kg -15kg ▽▽
4     23   バリチェロ ブラウン 644.5kg -25.5kg ▽▽▽
5     5   クビツァ BMWザウバー 649kg -21kg ▽▽▽
6     4   ライコネン フェラーリ 655kg -15kg
7     10   グロック トヨタ 648.5kg -21.5kg ▽▽▽
8     15   フェッテル レッドブル 662.5kg -7.5kg
10     16   ロズベルグ ウィリアムズ 670kg +0kg
11     20   スーティル フォースインディア 678.5kg +8.5kg
12     1   ハミルトン マクラーレン 693.5kg +23.5kg ▲▲▲
13     7   アロンソ ルノー 684.4kg +14.4kg
14     22   バトン ブラウン 694.2kg +24.2kg ▲▲▲
15     2   コバライネン マクラーレン 697kg +27kg ▲▲▲
16     12   ブエミ トロ・ロッソ 685kg +15kg ▲▲
17     11   アルゲルスォリ トロ・ロッソ 704.5kg +34.5kg ▲▲▲
18     17   中嶋一貴 ウィリアムズ 706.1kg +36.1kg ▲▲▲
19     8   グロジャン ルノー 704.7kg +34.7kg ▲▲▲
20     3   バドエル フェラーリ 691.5kg +21.5kg ▲▲▲

<目安>
*670Kgを基準値として、重い場合は▲、軽い場合は▽
*▲と▽は、ひとつ=10〜15kg、ふたつ=15〜20kg、三つ=20kg以上

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン44ポイント
2位マックス・フェルスタッペン43ポイント
3位ランド・ノリス27ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG60ポイント
2位レッドブル・ホンダ53ポイント
3位マクラーレン41ポイント
more
情報なし