F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

中嶋一貴予選後会見全録

F12009SPA_8098.jpg

◆さまざまなセットアップを試みたが、グリップ不足で
—-ちょっと不本意な予選になってしまいました?
中嶋一貴(以下、
一貴 そうですね、結果的に昨日と同じようなポジションで終えることになってしまいました。昨日から、セットアップであるとかダウンフォースとか、いろいろなものを変えて、今日に臨んで……。
ニコの方は、うまいこと、グリップをピックアップすることができたと思うんですけど、ぼくの方は……。タイヤのウォームアップも、あまりよくなかったので、そこの部分も影響あったのかと思いますけれど。ちょっと、むずかしい一日でしたね。

—-どっちのタイヤで行くのか、またどのくらい周回するのかなど、タイヤの問題がけっこうむずかしかったのでは?
一貴
 プライムの方は、どうしても暖まるのに時間がかかってしまって。ぼくの場合は、(プライムは)走れば走るほど速くなるような状態だったので、予選ということではちょっとむずかしい部分もあったかもしれません。
オプションの方は、リヤのグリップ感がもうひとつ、ないような状態だったので、(タイヤについては)ちょっとむずかしいチョイスでしたね。

—-チームで、セッティングはいろいろ試してましたね?
一貴
 スパ用のパッケージと、いつも通りのハイ・ダウンフォースのパッケージがあって、結局、(予選は)ハイ・ダウンフォースの仕様で行ったんですけど。結果として、それでよくなった部分とそうでなかった部分、またぼく自身による部分もあったと思いますが、結果としては、あまりよくなかったですね。

—-この位置からのレース、ここは”抜けない”サーキットではないとは思いますが?
一貴
 そうですね、この位置からですが、できるだけ前に行って、次につながるようなレースをするしかない。

—-昨日から今日の変更というのは?
一貴
 ダウン・フォース・レベルが一番(の変更)ですね、あとは車高であるとか。ただ、それらを変えて(予選に)臨みましたけど、ぼくにとっては(セッティング変更は)あんまりよくなかったですね。

◆やっぱり、リヤのグリップが足らない
—-午前中は、どんな感じだった?
一貴
 えーとですね、走りはじめ、グリップはそんなに悪くないかなという印象ではあったんですよ。でも、タイムとしては上がらなくて。そのあと、セットアップ・テストをしたんですけど、それも、あんまりよくないような状況で。
タイヤについては、プライムの方がいいなというのはハッキリしていたんですけど、ただ、ウォームアップがあまりよくないというのが、まだ未知数だったので。ということで、全体としては、むずかしい。予選に向けて、できることはすべてしたつもりだったんですけど。

—-基本的には、昨日と同じような感じ?
一貴
 そうですね、リヤが足りないというのは同じようですね。タイヤのウォームアップが足らないというところもあったと思いますけれど。

—-セクター別でいうと?
一貴
 今日はダウン・フォースを付けていった分、最初と最後のセクター、どうしてもタイムが伸びませんでしたけど。ミドルのセクターで、どのくらい(タイムを)”稼げる”かという部分で、もう少し足りなかったのかな、と。

—-リヤのグリップ不足というのは、クルマのセッティングが見つからなかった?
一貴
 セッティングというよりは、タイヤの使い方という部分の方が大きいかもしれないですね。うまく「熱を入れられなかった」とか。

—-ドライビング・ミスは?
一貴
 ミスというミスはないんですが……。ただ、去年もそうですが、イマイチ”掴めてない”ですね、このサーキットは。まあ、今年のなかでは、一番よくない週末です。

—-アタックはプライムで?
一貴
 そうです。

—-オプションだと、リヤがダメ?
一貴 (フィールが)グニャグニャというよりも、単純に、リヤのグリップがもうひとつというのはありますね、プライムと較べると。

—-グリップの問題は、コースにラバーグリップが載って来ても変わらない?
一貴
 そうですね、あんまり変わらない。

—-セッティングとしては、ニコとは同じで?
一貴
 そうですね、ただ、走り方の違いというのは、やっぱりあって……。ニコは、タイヤにすばやく「熱を入れる」ということでは上手なんですけど、ただ、その分コースによってはグレイニングが出るといったことがありますね。でも、今回はそれ(ニコの走り)がうまく行ったということだと思いますけど。

—-このグリッドだと、燃料を多めに積んで、抜きまくって……というレースになる?
一貴
 そうですけど、ただこのコースは、ぼくらの(クルマの)トップスピードから考えると、そんなに抜きやすいということでもないので。まあ「定石」通りに行くしかないですね。

【STINGER / text by Iemura Hiroaki】

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

中嶋一貴予選後会見全録

F12009SPA_8098.jpg

◆さまざまなセットアップを試みたが、グリップ不足で
—-ちょっと不本意な予選になってしまいました?
中嶋一貴(以下、
一貴 そうですね、結果的に昨日と同じようなポジションで終えることになってしまいました。昨日から、セットアップであるとかダウンフォースとか、いろいろなものを変えて、今日に臨んで……。
ニコの方は、うまいこと、グリップをピックアップすることができたと思うんですけど、ぼくの方は……。タイヤのウォームアップも、あまりよくなかったので、そこの部分も影響あったのかと思いますけれど。ちょっと、むずかしい一日でしたね。

—-どっちのタイヤで行くのか、またどのくらい周回するのかなど、タイヤの問題がけっこうむずかしかったのでは?
一貴
 プライムの方は、どうしても暖まるのに時間がかかってしまって。ぼくの場合は、(プライムは)走れば走るほど速くなるような状態だったので、予選ということではちょっとむずかしい部分もあったかもしれません。
オプションの方は、リヤのグリップ感がもうひとつ、ないような状態だったので、(タイヤについては)ちょっとむずかしいチョイスでしたね。

—-チームで、セッティングはいろいろ試してましたね?
一貴
 スパ用のパッケージと、いつも通りのハイ・ダウンフォースのパッケージがあって、結局、(予選は)ハイ・ダウンフォースの仕様で行ったんですけど。結果として、それでよくなった部分とそうでなかった部分、またぼく自身による部分もあったと思いますが、結果としては、あまりよくなかったですね。

—-この位置からのレース、ここは”抜けない”サーキットではないとは思いますが?
一貴
 そうですね、この位置からですが、できるだけ前に行って、次につながるようなレースをするしかない。

—-昨日から今日の変更というのは?
一貴
 ダウン・フォース・レベルが一番(の変更)ですね、あとは車高であるとか。ただ、それらを変えて(予選に)臨みましたけど、ぼくにとっては(セッティング変更は)あんまりよくなかったですね。

◆やっぱり、リヤのグリップが足らない
—-午前中は、どんな感じだった?
一貴
 えーとですね、走りはじめ、グリップはそんなに悪くないかなという印象ではあったんですよ。でも、タイムとしては上がらなくて。そのあと、セットアップ・テストをしたんですけど、それも、あんまりよくないような状況で。
タイヤについては、プライムの方がいいなというのはハッキリしていたんですけど、ただ、ウォームアップがあまりよくないというのが、まだ未知数だったので。ということで、全体としては、むずかしい。予選に向けて、できることはすべてしたつもりだったんですけど。

—-基本的には、昨日と同じような感じ?
一貴
 そうですね、リヤが足りないというのは同じようですね。タイヤのウォームアップが足らないというところもあったと思いますけれど。

—-セクター別でいうと?
一貴
 今日はダウン・フォースを付けていった分、最初と最後のセクター、どうしてもタイムが伸びませんでしたけど。ミドルのセクターで、どのくらい(タイムを)”稼げる”かという部分で、もう少し足りなかったのかな、と。

—-リヤのグリップ不足というのは、クルマのセッティングが見つからなかった?
一貴
 セッティングというよりは、タイヤの使い方という部分の方が大きいかもしれないですね。うまく「熱を入れられなかった」とか。

—-ドライビング・ミスは?
一貴
 ミスというミスはないんですが……。ただ、去年もそうですが、イマイチ”掴めてない”ですね、このサーキットは。まあ、今年のなかでは、一番よくない週末です。

—-アタックはプライムで?
一貴
 そうです。

—-オプションだと、リヤがダメ?
一貴 (フィールが)グニャグニャというよりも、単純に、リヤのグリップがもうひとつというのはありますね、プライムと較べると。

—-グリップの問題は、コースにラバーグリップが載って来ても変わらない?
一貴
 そうですね、あんまり変わらない。

—-セッティングとしては、ニコとは同じで?
一貴
 そうですね、ただ、走り方の違いというのは、やっぱりあって……。ニコは、タイヤにすばやく「熱を入れる」ということでは上手なんですけど、ただ、その分コースによってはグレイニングが出るといったことがありますね。でも、今回はそれ(ニコの走り)がうまく行ったということだと思いますけど。

—-このグリッドだと、燃料を多めに積んで、抜きまくって……というレースになる?
一貴
 そうですけど、ただこのコースは、ぼくらの(クルマの)トップスピードから考えると、そんなに抜きやすいということでもないので。まあ「定石」通りに行くしかないですね。

【STINGER / text by Iemura Hiroaki】

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン44ポイント
2位マックス・フェルスタッペン43ポイント
3位ランド・ノリス27ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG60ポイント
2位レッドブル・ホンダ53ポイント
3位マクラーレン41ポイント
more
情報なし