F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

中嶋一貴 決勝後会見全録

F12009SPA_8396.jpg

◆ストレートが伸びなかったのは、強めのダウンフォースのせい
—-今日は苦しいレースで、ストレートで抜かれるような悔しいシーンもありましたが?
中嶋一貴(以下、一貴)
そうですね、ダウンフォース・レベルが(今回のウイリアムズは)かなり高めということで、ストレートで抜かれてしまう状況もありましたし、クルマのペース自体も、とくにプライム・タイヤの方で、思ったより(速度が)伸びなかったので、苦しいレースになってしまいましたね。

—-スタート直後は、混乱をうまく抜けてポジションを上げましたね?
一貴 スタートから1コーナーまでの位置取りは、そんなに悪くなかったと思います。……ですけれど、そのあとは、ちょっと(レース運びは)むずかしかったですね。ですね。

—-フォース・インディアに抜かれましたが、クルマの差があった?
一貴 スーティルに抜かれたときは、1コーナーを出たところでは、まだかなり差があるなと思ってたんですけど、オー・ルージュ出た時点で横に並ばれてしまうような状況だったので、「抑える」というようなところまでは行きませんでしたね。

—-今回のウイリアムズ車は、空力など、この高速サーキットにはミートしてなかった?
一貴 そうですね、今回、スパ用に持ち込んだもの(空力パーツ)が、思ったように機能しなかった。そのため、もともと持っていたもの(仕様)で臨まざるを得なかったんですけど、それがレースに対してはむずかしくなってしまった要因ですね。

◆モンツァでは、いい空力パーツがほしい
—-気になるのは次のレース、ここよりは”ストップ・アンド・ゴー”サーキットの要素が強くなるモンツァですが
?
一貴 メカニカル的には、モンツァは(ウイリアムズが)苦手なサーキットではないと思われるので、あとは、モンツァまでに空力の対策をして、それがいいものが出てくれば、今回よりは”いいところ”でレースできると思います。今回は、思ったより苦戦してしまいましたが……。

—-今日は、今年のなかでは、最も点数の低いレース?
一貴 そうですね、全体的にレースとしてもよくなかったですし、また、あまり可能性の見えるレースでもなかったんで(笑)、ちょっと残念でしたけどね。まあ、気持ちを切り換えて、次のモンツァ、いいレースができるように頑張ります。

◆プライム・タイヤは、ほとんどグリップしなかった
—-スタート直後は、誰かと当たった
?
一貴 ハミルトンと、ちょっと。

—-それで(どこかが不具合になって)ペースが上がらなかった?
一貴 いえ、そういうことではないです。ただ単純に、ポテンシャルが足らない。とくにプライム・タイヤでは、こんなにグリップがないのか!?……というくらい、よくなかったですね。何周走っても。

—-セクターでいうと、どこが?
一貴 もう、全部ですね。ダウンフォース、ついてるんで、1と3セクターはダメですし、じゃ2(セクター)がいいかというと、そうでもなく。
ニコも、予選まではよかったんですけど、決勝では、結局(ぼくと)同じような症状で、プライム・タイヤのときは苦労してたみたいですね。

—オプションの方は、そうではなかった?
一貴 そうですね、まあ燃料も軽かったですけど、バランスもよくなって、グリップ感もあったので、オプションについては、まあまあだったですね。
今週はずっと、オプションよりはプライムがいいというフィールだったんですけど、決勝になったら、それが逆転してしまいましたね。

【STINGER / text by Iemura Hiroaki】

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン205ポイント
2位バルテリ・ボッタス161ポイント
3位マックス・フェルスタッペン128ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG366ポイント
2位レッドブル192ポイント
3位マクラーレン106ポイント
more
情報なし