F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   中嶋一貴木曜日会見全録

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

中嶋一貴木曜日会見全録

09910_kazuki-2.jpg

◆スパでは”スパ仕様”がうまく機能しなかった
中嶋一貴(以下、一貴)
 今回は、スパよりもダウンフォース・レベルの少ないサーキットなので、各チームのモンツァ用のパッケージがどういう風に働くかによって、ポジション(順位)も変わってくると思います。
前回のレースは前回のレース、今回は今回ということで、まったく別のレースになると思うので、そこには多少期待している部分もありますね。

—-今回、ルノーが KERS を再搭載してくる。ここモンツァでの KERS 勢、気になりますか?
一貴 そうですね、最高速が重要になってくるサーキットなので、 KERS を積んでいるクルマにアドバンテージは出てくると思います。ただ、そうだとしても、ぼくらはぼくらのレースをするしかないので。まあ、スタート直後なんかは、多少(ウイリアムズとしては)むずかしくなる部分もあるとは思いますけれど、ぼくらにできることをするしかないです。

—-前戦のスパ、ベルギー・グランプリですが、チームとしてはどういう総括を?
一貴
 まずは、レースでのプライム・タイヤ装着時の走行がよくなかったことがひとつ。あとは、スパ用に持ってきたフロント・ウイングが、思ったようには、コース上でパフォーマンスを発揮しなかったのが誤算でしたね。

◆モンツァ用の新しいフロント・ウイングに期待!
—-今回は、スパよりもう一段”速い”というか、そういうサーキットですが、エアロ的な面では?
一貴
 そうですね、モンツァ用というのは、リヤは前回のウイングで、フロントについては新しいものが入ってきています。それがどのくらいのパフォーマンスなのかというのが重要ですけれど、いまのところは、できる範囲の準備はしっかりとできています。

コースとしては、メカニカル的に、スパよりもモンツァの方が(ウイリアムズには)合ってると思います。(条件が変わって)ロー・ダウンフォースなので、何ともいえないですけど、(新パッケージングが)スパよりはよくなるといいな、と(笑)。

—-まあ、ここは、エアロが”効く”コーナーにいる「時間」が短いので?
一貴
 そうですね、ですから(コースとクルマのマッチングが)よくなる要素は、スパよりはあると思います。

◆今年の”縁石”は、歩いてしっかりとチェックしたい
—-ドライバーとして、このコースについては?
090910_kazuki.jpg一貴 去年はほとんど雨だったので、ちゃんと走れてないという部分もあるんですけれど。今年はたぶん、ドライになると思いますが、だから、どうでしょうね?
まあ縁石の使い方とか、多少トリッキーな部分のあるサーキットですけど、でもその縁石が今年は変わってるみたいなので。これから(コースを)歩いてみますけれど。

—-その新装された縁石ですが、スピード・ブレーカーじゃなくてカー・ブレーカーだという説が。
一貴
 そうですか、どういう風に走れるか、明日までにしっかりと考えたいですね。

—-今年はテスト禁止なので、モンツァ仕様も、テストなしで走ることになりますが?
一貴
 いや、その点はとくに気にしてないですね。クルマは、走ってみなければわからない部分もありますし、直前のエアロ・テストもやって、ある程度のデータも取れてますので、あとは実際にサーキットを走ってどうかということで。ぼく自身に関しては(新仕様で走ることは)まったく問題ないです。

—-テストが禁止されている状況の中で、ルノーがいきなり KERS を積むというのは、辛そうですが?
一貴
 どうなんでしょうね? まあ積むからには積むだけの理由があるんでしょう、このサーキットなので。ただ、一周で( KERS を)使える時間というのか限られていますから。でも、メリットがあるということで、ここでは積んでくるんだと思います。

◆”あの件”については、ノーといえる立場でいたい!
—-ルノーがらみでいうと、去年のシンガポールGPで、故意のクラッシュ関連が話題になっていますが、ドライバーとして、ああいうことは?
一貴
 うーん……、まあ(ドライバーとしても)普通の人が思うのと同じだと思いますけど。ありそうといえば、ありそうだし。

—-ニコ(ロズベルグ)は、「ドライバーとして(故意クラッシュを)やれといわれたらやるかというと、ノーだ」と。
一貴
 はい、(ぼくも)「ノー!」といえる立場でいたいですね!(笑)。

—-ケガしないように衝突できるものですか?
一貴
 (いまのF1は)よっぽどのことがないと、ケガしないですから。

—-スピンも簡単にできる?
一貴
 できるでしょうね。

—-ピケ・ジュニアがああいう風に(故意にやった)言ったことについては?
一貴
 普通は、言わないですね。(あの行為は)基本的に、自分の将来を”飛ばす”ということにもなりかねませんから。

—-ドライバーとして、このコースは?

一貴 楽しいですよ、ここは。高速なだけではなくて、ほかのサーキットとは違うので。違いはたとえば、縁石の使い方だったり、ひとつひとつのコーナーも、ちょっとほかと違ってます。ラン・オフ(エリア)も狭いですし。”古い”サーキットなんだということを強く感じますね、ここは。

【STINGER / text by Iemura Hiroaki】

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER