F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

山科忠 レース後コメント全録

091101_yamashina.jpg

◆作戦通りだが、作戦通りにできたのは、可夢偉の力による!
山科忠チーム代表(以下、山科)
 作戦通りだったですね。でも、作戦通りだけど、可夢偉があれだけ走るというのは、やっぱり本人の力ですね。1周目でライコネンを抜いたのが大きいですが、何ていうのか、天性のカンというのかなあ、前に遅いクルマがいると、つい、抜いちゃうというのは。

あと、”重いバトン”を、ちょっと遅い!と思ったら、ここだ!というところで──。あのスピリットというのは、見てる人がスッキリするよね。バトンが、前回いろいろ言ってたけど、今回は文句なしでしょう(笑)。

—-レース前に、可夢偉選手に話したことは何ですか?
山科
 可夢偉に言ったのは、今日はともかく「8」まで行け!と。そしたら、ポイント行きますって(可夢偉は)言ってましたね。

—-その「8番」になる可能性は、どのくらい見ていた?
山科
 それは、けっこうあると思ってました。(燃料を)積んでるなかでは、ライコネンの次(のポジション)だから、ワンストップは同じだとして。だから、ライコネンを抜いてからは、これは、いいとこ行くな、と。

途中で、ハイドフェルドと闘ってるというのがわかってきて。……で、「一周、コンマ3秒速くしろ!」というと、(可夢偉は)速くするんだよね! そしたらハイドフェルドもわかって、速くする。いいドライバーですよね。

可夢偉は、作戦的に、ここでやらないといかん!というときに、ちゃんとやれて、結果が出せる。非常によかったです。

—-ヤルノについては?
山科
 ヤルノも頑張りましたね。もうちょっと、ハイドフェルドの前に行けるかというのが、実はあったけど、ハイドフェルドは(スティントが)長かったからね、ちょっと。今日は、ハイドフェルドは速かったですよ! クビサが(来季の)契約決まって、彼はまだ決まってないから。

—-ヤルノとのバトルもありましたね。
山科
 ブラジルのへんから、ヤルノがああいう”強い姿勢”を見せてくれるんで、非常にいいね!

—-日本人ドライバーでポイントを取ったということについては?
山科
 そうですね、それよりも、(F1の)「二戦目」にポイント取ったということ、それがすごく嬉しいですね。みんな、大騒ぎだったですよ。

—-来年のドライバーは、もう、キマリですね?(笑)
山科
 フフフ、それはまだ(笑)。チームで決めることだから。

【STINGER / text by Iemura Hiroaki】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン69ポイント
2位マックス・フェルスタッペン61ポイント
3位ランド・ノリス37ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG101ポイント
2位レッドブル・ホンダ83ポイント
3位マクラーレン53ポイント
more
情報なし