F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   中嶋一貴  オーストラリアGPを終えて

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

中嶋一貴  オーストラリアGPを終えて

090329KNV.jpg

「単独でのミスというのは、これまであまりなかったんですけどね……」
  …………………………

◆いい流れのなかでの、痛恨のミス!
――燃料をたっぷり積んでいて、あの位置で(クラッシュしてしまった)……というのは?
一貴 もったいない、おそらく……。

――表彰台も!という、大チャンスでしたよね?
一貴 その通りです(苦笑)……はい、これ以上(コメントは)ないですね!

――あれはやっぱり、ミスですか?
一貴 そうですね。あんまりラインを外してるわけでもないですし。まあバリチェロについて行こう、抜けたら抜こうとしていてスロットルを入れたときに……。クルマもちょっと、跳ねたようにも見えたんですけど、あとで見てみたらね。その跳ねた加減で……行ってしまいましたね。

――あの時点ではミディアム・タイヤで、そのフィールは?
一貴 ハンドリングのバランス的には、まあ悪くはなかったんですけど、ただグリップはあまりいい感じではなかったんで、でも前にクルマもいたんで、まあガマンして……という感じでしたね。
自分としては、いい展開であることもわかっていたし、しっかりと、走れてもいたんですけど。

――前にいたバリチェロが、もう少しでピットに入るというのは読めていた?
一貴 うーん、ある程度は理解していましたけど。でも、実際にどの時点で入るかというのは、そこまでは……。

――バリチェロのウイングがトラブッているのはわかっていた?
一貴 見えてはいなかったですけど、でも、どこかで接触しただろうということはわかってました。最終コーナーも、アンダーがでてましたしね。そういうのもあって、まあ抜けないまでもついていこうと、そうやって攻めていたときのミスでしたね。

◆作戦は、最後にソフトタイヤで短いスティントだった
――作戦としては、ロング、ロング、最後に短いスティント8周くらいかなと見ていたんですが?
一貴 最後はもう少し長い予定でした。10周? いや、もう少しかな。

――バリチェロを追いかけているときに、(可変の)フラップは使っていた?
一貴 前にいるからというのではなくて、クルマのバランスで、アンダーステアが強かったので(その是正に)使ってましたね。

――ドライビングにおいて、操作がひとつ増えているわけですが、それは問題なし?
一貴 ええ、テストも重ねてますし、もう自然にできますね。

――今日のクラッシュというのは、ちょっとショック?
一貴 うーん、大きい(事故)といえば大きい……。これまで、自分単独のミスというのはあまりなかったし。まあ、攻めた結果ではあるんですが、でも、決してよくはない、ですよね。でも、意外とスッキリしているので、いい感じでマレーシアに行けると思いますよ。

――クルマもいい状態だし?
一貴 そうですね。また、次、頑張ります。今日は、笑って終わりましょう!(笑)

【STINGER / text by Iemura Hiroaki】

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER