F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   浜島裕英 ブリヂストン・タイヤ

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

浜島裕英 ブリヂストン・タイヤ

090329T.jpg

「スーパーソフトにはきびしいサーキットだった……」
  …………………………

◆ミディアムの性能と安定性は予定通り
――いろいろあったレースでしたが、ことタイヤに関しては状況が見えてきた?
浜島 そうですね、ミディアム、硬い方については、それなりの性能を示したと思います。ただ、スーパーソフトという柔らかい方ですね、これの(走行を重ねたときの)ラップタイム低下、その度合いは予想以上に大きかった。まあ、路面の状況があまりよくならなかったということはあるのかもしれないですが。

――ただ、これ(あまりタイムが上がらない)っていうのは、FIAが意図した部分では? これから先もこういうことはある?
浜島 サーキットの状況がきびしい場合、これからも起こり得ますね。こうしたミディアムとスーパーソフトという組み合わせを投入するサーキットは、これから先もあります。そういうところでは、グリップ・ダウンという現象がスーパーソフトででてくる。そういう可能性はあるなと思ってます。

◆ソフトタイヤは、スタートで効果があったはず
――そんなタイヤであっても、今日は、スタートでスーパーソフトを履いてきたドライバーは多かったですね。
浜島 想定より短いというか、このサーキットだと8周くらいで、スーパーソフトの性能低下がでて来た。でも、スタートでスーパーソフトを履いたところは、みな、順位を上げた。そのへんで、このタイヤの特徴はでたんじゃないかなと思ってます。

――フェラーリは2台ともソフトでしたが?
浜島 事前には1台だけって聞いてましたので、2台で勝負するとは(笑)ちょっと思ってなかったですね。

――次はマレーシアです。
浜島 ここは、ひとつはスコール。夕方スタートなので、スコールがあると思います。そのときに、ロー・ワーキング・レンジを使うようになるので、そういう場合のスリックの使い方ですね、それに気をつけないといけなくなる。

あとは、耐熱に関しては両方とも問題ないんで――。したがって、今回のように、柔らかい方のタイヤがタレが大きくなるということは、たぶんないと考えてます。

◆ブラウンGPは、ほんとはもっと速い?
――ブラウン・チームの速さをどう見た?
浜島 そうですね、今日はジェンソン・バトン選手は、まだまだ流して走ってたんじゃないかという気がします。(走ったあとの)タイヤの表面なんかきれいですから、そういう意味では、まだ余裕があるのかもしれないですね。

――チームの勢力図、変わりましたね?
浜島 そうですね、大きく変わったシーズンがはじまったと思います。

【STINGER / text by Iemura Hiroaki】

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER