F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ハミルトンは”譲った”のか?

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ハミルトンは”譲った”のか?

090330_mews-deep-7.jpg
全員狩猟民族。

セーフティカー中に、ハミルトンを抜いてしまったカドで、トヨタのトゥルーリは、ピットから追い上げて手にした殊勲の表彰台を失った。

予選の段階でリヤ・ウィングに言わば”いちゃもん”をつけられてタイムを抹消されたこと知ったトゥルーリは、「冬の間にTMGのみんなが本当に頑張ってくれただけに、本当に悔しい」と涙を流したという。悪いことをしていないのに”感覚”で咎められた。だが、政治的な力には勝てない。トゥルーリが流したのは無常の涙だった。

去年、ホンダやトロ・ロッソが、映像で明確に分かるフレキシブル・ウィングを使っていたのに対して、トヨタは、「フレキシブル・ウィングを絶対に使わない」、と自主規制していた。それを知っているトゥルーリの涙。それを思い起こした山科代表は、表彰台を見上げて涙を流した。

その涙を一気に吹き飛ばしてしまったのが、セーフティカー出動中の追い越し「トヨタ御難続き、表彰台取り消し!」だった。

ところで、コースを外れたトゥルーリがコースに戻ったそのタイミングで、前を行くハミルトンが「スロー・ダウンして譲ってくれたように見えた」とトゥルーリは言ったが、どうしてそう見えたのか。もしかすると、ハミルトンは、先の事態を見越して、意識的にスピードを落としたのではないか。

狩猟民族が司り、そして戦うF1GPは、感動の涙を見向きもしない、冷徹な掟のなかで繰り広げられているのである。

090330_newsdeep-4.jpg
だからF1は”殺人のない戦争”と呼ばれる。

【STINGER / Yamaguchi Masami


記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER