F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   トルコGP 決勝トップ3記者会見 ルイス・ハミルトン

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

トルコGP 決勝トップ3記者会見 ルイス・ハミルトン

100530T3-1.jpg

優勝 ルイス・ハミルトン

「すごくエキサイティングなレースだったよ。レース前から僕らは、 ロングランのペースがいいことはわかってたんだ。レッドブルに十分付いて行けると、確信してたんだ。ただターン8のスピードだけは、とてもかなわなくてね。裏の直線でマーク(・ウェバー) のスリップに付くのは、不可能だった。それでも他でギャップを縮めて、何とかすぐ後ろを走ってたんだ」。

「ところがピットインで右後輪の交換に手間取って、(セバスチャン・)フェッテルに先行されてしまったんだ。この2台を抜かなきゃいけないのかと、うんざりしたね。だから彼らに何が起きたのか、最初はまったく訳がわからなかったよ」。

「ジェンソンとのバトルは、最高だった。ターン13でアウト側から刺されたけど、直後の1コーナーで抜き返せた。自分でも思いがけなかったけどね。でもとにかくすごくフェアな戦いだったし、チームにとっても最高の結果になった。この勝利は、僕の父に捧げたい。今日が50歳の誕生日なんだ。最高のプレゼントだと思うよ」。

「これが今季初勝利になるわけだけど、でも今までまったく勝てそうもなかったというわけじゃないからね。少しばかり不運が重なってただけさ。でもチームが必死に努力して、僕が追い付けるようにしてくれた。昨日の予選では2番手になれたし、それこそ僕らが望んでいた一歩だったんだ。上位4台がいかに僅差の戦いをしたか、みんなよくわかってくれたと思う。この勢いを殺さずに、両タイトルを必ず手中にしたいね」。

【柴田久仁夫】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER