F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

予選Q2

111015FQ2.jpg

<14時27分>
予選Q2がスタート。気温は23℃、路面温度は30℃と若干上昇している。風向きは、ストレートを横切る方向で吹いている。

15分間で争われる予選Q2。シグナルはグリーンになっているが、コースに出てくるマシンはいない。

<14時28分>
1フェッテル/レッドブルはスーパーソフト・タイヤを装着して待機している。

15ディ・レスタ/Fインディアがコースイン。3ハミルトン/マクラーレンが続く。タイヤはスーパーソフトを装着している。

<14時29分>
9台のマシンがコースイン、ザウバーの2台はピットに留まったままだ。

<14時30分>
16小林可夢偉/ザウバーがコースに向かった。

<14時31分>
15ディ・レスタ/Fインディアが1分38秒台でこのセッション最初のタイムを記録した。

<14時32分>
3ハミルトン/マクラーレンが1分36秒台中盤のトップタイムをマークした。

<14時33分>
2ウェバー/レッドブルが1分37秒台前半のタイムで2番手、3番手は4バトン/マクラーレンがつけている。

<14時33分>
1フェッテル/レッドブルが2ウェバー/レッドブルを僅かに上回り、2番手のタイムをマークした。

<14時34分>
16小林可夢偉/ザウバーはセクター2で大きく遅れ、ピットに戻ってしまった。現時点ではタイムは記録していない。

<14時35分>
17ペレス/ザウバーが1分39秒台のタイムで13番手。12番手の15ディ・レスタ/Fインディアとは0.8秒近い差がついている。

<14時36分>
コース上は7シューマッハ/メルセデスのみが走行している。タイヤはスーパーソフト・タイヤを装着している。

<14時37分>
12マルドナド/ウィリアムズはピットに留まったままだ。

<14時38分>
7シューマッハ/メルセデスが1分38秒台前半で9番手、Q2通過には微妙なタイムだ。

6マッサ/フェラーリがコースイン。

<14時39分>
16小林可夢偉/ザウバーがコースイン。12マルドナド/ウィリアムズもピットを離れた。

<14時40分>
現在8番手の10ペトロフ/ルノーがコースイン。現在記録しているタイムは1分38秒1だ。

<14時41分>
14スーティル/Fインディアがセクター1をベストで通過した。

6マッサ/フェラーリは1分37秒台前半のタイムで5番手に浮上。14スーティル/Fインディアは9番手に浮上。

<14時42分>
19アルゲルスアリ/トロロッソが1分38秒3のタイムで10番手。しかし、直後に15ディ・レスタ/Fインディアが10番手に滑り込んできた。

<14時43分>
16小林可夢偉/ザウバーは14番手、17ペレス/ザウバーは17番手。

予選Q2が終了、ここでノックアウトされたのは、19アルゲルスアリ/トロロッソ、7シューマッハ/メルセデス、18ブエミ/トロロッソ、16小林可夢偉/ザウバー、9セナ/ルノー、12マルドナド/ウィリアムズ、17ペレス/ザウバーの7台。

text by ymkx[STINGER]

111014koci001.jpg

DRS計測開始位置からDRS使用可能位置の間で前車の約1秒以内にいればDRSが使用可能。DRSは、DRS使用可能位置からブレーキを踏むまで使用できる。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン413ポイント
2位バルテリ・ボッタス326ポイント
3位マックス・フェルスタッペン278ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG739ポイント
2位フェラーリ504ポイント
3位レッドブル417ポイント
more

NEXT RACE

アゼルバイジャンGP
アゼルバイジャン/バクー・シティ・サーキット

開催日
2020/06/05〜06/07
(日本時間)