F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

予選Q3

110723Q3.jpg

<14時46分>
Q2が終了した時点で路面温度21℃、気温14℃でQ2開始時点とほとんど変わらない。風速は7.3m/sで、引き続き強い。

<14時50分>
グリーンライトが点灯し、Q3がスタートした。5アロンソ/フェラーリを先頭に、10ペトロフ/ルノー、3ハミルトン/マクラーレンがコースイン。

<14時51分>
6マッサ/フェラーリ、4バトン/マクラーレンがコースインした。

5アロンソ/フェラーリはマシンを振ってタイヤを懸命に暖め、アタックラップに向かう。
<14時52分>
3ハミルトン/マクラーレンがセクター1で5アロンソ/フェラーリを上回った。

<14時53分>
5アロンソ/フェラーリが1分30秒台のタイムをマークしてトップに立つが、それを0.1秒上回った3ハミルトン/マクラーレンがトップに立つ。

<14時54分>
2ウェバー/レッドブルが1分30秒台前半のタイムをマークしトップ。1フェッテル/レッドブルは0.1秒及ばず2番手。

<14時55分>
7シューマッハ/メルセデス、8ロズベルグ/メルセデス、14スーティル/Fインディアの3台はタイム計測を行っていない。

<14時56分>
残り時間は4分。ここでメルセデスの2台と14スーティル/Fインディアがコースイン。

<14時57分>
5アロンソ/フェラーリ、3ハミルトン/マクラーレン、2ウェバー/レッドブルが再びコースイン。4バトン/マクラーレン、6マッサ/フェラーリ、1フェッテル/レッドブルがそれに続き、全車がコースイン。ラストアタックに向かった。

<14時58分>
トップの2ウェバー/レッドブルと3番手の5アロンソ/フェラーリの間には0.5秒近い差がある。レッドブル優位が復活してしまったのだろうか。

<14時59分>
3ハミルトン/マクラーレンがセクター1全体ベスト。2ウェバー/レッドブルはセクター2で全体ベストをマーク。

<15時00分>
5アロンソ/フェラーリはレッドブルに及ばず3番手。2ウェバー/レッドブルはトップタイムを更新した。ここで、3ハミルトン/マクラーレンが1フェッテル/レッドブルを上回る2番手のタイムをマークした。

1フェッテル/レッドブルはラストアタックにかけるが及ばずに3番手。5アロンソ/フェラーリは4番手となった。5番手には6マッサ/フェラーリが入っている。

全車チェッカード・フラッグを受け、予選が終了した。1フェッテル/レッドブルは久々のフロントロー陥落、地元でのポール・ポジション獲得は叶わなかった。同じく地元GPとなる、8ロズベルグ/メルセデスは6番手、14スーティル/Fインディアは8番手、7シューマッハ/メルセデスは10番手に入った。

text by ymkx[STINGER]

r10doci001.jpg

DRS計測開始地点からDRS使用可能地点の間で前車の約1秒以内にいればDRSが使用可能。DRSは、DRS使用可能地点からブレーキを踏むまで使用できる。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン284ポイント
2位バルテリ・ボッタス221ポイント
3位マックス・フェルスタッペン185ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG505ポイント
2位フェラーリ351ポイント
3位レッドブル266ポイント
more

NEXT RACE

シンガポールGP
マリーナ・ベイ市街地サーキット

開催日
2019/09/20〜09/22
(日本時間)