F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   重量発表で作戦が見えた!!(Rd15日本GP)

NEWS

重量発表で作戦が見えた!!(Rd15日本GP)

F12009JAPAN_O4V9162.jpg


◆トップ3のスタートに注目!

日本GP予選終了後に公表された各マシンの重量データは、世界で最もチャレンジングと言われる鈴鹿サーキットを証明する面白い傾向を示すものとなった。

予選トップ8の重量の差が、5.5kg以内に納まっている。8位のライコネンを除けば、その差は僅か4.5kg。この数値は鈴鹿サーキットが、燃料搭載量による作戦を絞り込まざるを得ないことを意味しているのかもしれない。

また、フロントローの2台は、走行ライン上でグリップに有利なグリッドからスタートするフェッテル+レッドブルが、ダーティ・サイドからスタートするトゥルーリ+トヨタより3kg重く、両者のダッシュ力は相殺されるとも言えるが、問題は3番手のハミルトンがトゥルーリよりも軽いことだ。

L.ハミルトンは、走行ライン上からスタートできる上に、マクラーレンにはKERSという武器がある。スタートのタイミングが同じなら、トゥルーリ+トヨタは1コーナーまでにハミルトン+マクラーレンに交わされることになる。

また、トゥルーリ+トヨタとハミルトン+マクラーレンの燃料の差は500g。常識的には、同じタイミングで最初のピットインをすることになるはずだが、給油のタイミングが違った場合、トヨタ・エンジンとメルセデス・エンジンの燃費の差を見ることができるかもしれない。

◆中嶋一貴にジャンプアップの可能性も?!

また、中嶋一貴+ウィリアムズは、20台中最も重い695.7kgの重量でスタートする。フュエル・エフェクト(重量のタイムへの影響)が大きい鈴鹿だけに、特に序盤は苦戦を強いられるはずだが、裏を返せば、セフティカーの導入される波瀾が起きたときには、そのタイミングによっては大きくジャンプアップできる可能性を持っていることになる。

【STINGER / Masami Yamaguchi】

予選ヨセン順位ジュンイ No. ドライバー チーム ソウ重量ジュウリョウ STG重量ジュウリョウ 目安メヤス
1     15   フェッテル レッドブル 658.5kg -11.5kg ▽▽
2     9   トゥルーリ トヨタ 655.5kg -14.5kg ▽▽
3     1   ハミルトン マクラーレン 656kg -14kg ▽▽
4     20   スーティル※1 フォースインディア 650kg -20kg ▽▽▽▽
5     23   バリチェロ※1 ブラウン 660.5kg -9.5
6     6   ハイドフェルド BMWザウバー 660kg -10kg ▽▽
7     22   バトン※1 ブラウン 658.5kg -11.5kg ▽▽
8     4   ライコネン フェラーリ 661kg -9kg
9     2   コバライネン マクラーレン 675kg +5kg
10     12   ブエミ※2 トロ・ロッソ 665.4kg -4.6kg
11     16   ロズベルグ ウィリアムズ 684.5kg +14.5kg ▲▲
12     7   アロンソ※1 ルノー 689.5kg +19.5kg ▲▲▲
13     5   クビツァ BMWザウバー 686kg +16kg ▲▲▲
14     11   アルゲルスォリ トロ・ロッソ 682.5kg +12.5kg ▲▲
15     3   フィジケラ フェラーリ 661.5kg -8.5kg
16     17   中嶋一貴ナカジマ ウィリアムズ 695.7kg +25.7kg ▲▲▲▲
17     8   グロジャン ルノー 691.8kg +21.8kg ▲▲▲▲
18     21   リウッツィ フォースインディア 682.5kg +12.5kg ▲▲
19     10   グロッグ※3 トヨタ —-kg —-kg
20     14   ウェーバー※3 レッドブル —-kg —-kg

<目安>
*670Kgを基準値として、重くなる場合は▲、軽くなる場合は▽
*▲と▽は、一つ=0〜10kg、二つ=10〜15kg、三つ=15〜20kg、四つ=20kg以上

※1 黄旗中に十分減速をしなかったため、5グリッド降格。
※2 クラッシュ後、ダメージを負ったマシンでピットに戻ったことが他のドライバーへの危険行為として、5グリッド降格。
※3 ピットスタートの為、重量発表無し。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン69ポイント
2位マックス・フェルスタッペン61ポイント
3位ランド・ノリス37ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG101ポイント
2位レッドブル・ホンダ83ポイント
3位マクラーレン53ポイント
more
情報なし