F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   重量発表で作戦が見えた!!(Rd16ブラジルGP)

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

重量発表で作戦が見えた!!(Rd16ブラジルGP)

d09bra936.jpg
左から、3位スーティル、地元でポール獲得のバリチェロ、2位のウェバー。

2009年ブラジルGPの予選は、2時間41分にわたる”F1史上最長”記録となったが、発表された重量から、今回もいくつかの事実が見えてきた。

◆バリチェロ+ブラウン、狙い通り
ポールポジションのR.バリチェロが、全車中最も軽い650.5kgだった。2位のウェーバー+レッドブルはそれより5.5kg重かったが、両者のタイム差はコンマ1秒以下。ブラジルGPの舞台となるインテルラゴス・サーキットのフュエル・エフェクトは、「10kg当たり1周につき0.29秒」(浜島裕英ブリヂストン・モータースポーツ・タイヤ開発総括責任者)からすると、マシン的にはブラウンよりレッドブルが上だったことになる。

しかし、R.バリチェロは地元の声援に応えるために、軽い燃料を選んでQ3を走り、そしてファンの期待に応え、「ここはと特別な場所」と、コメントすることができた。さらに、雨を想定すると、ポールポジションは格段に有利になる。2位以下が浴びる”ウォーター・スプラッシュ”のない良好な視界で走れるからだ。

また、チームメイトであり、タイトルを争う相手であるJ.バトンがQ2で敗退し、R.バリチェロが俄然有利な展開になった。二人のポイント差は、2戦を残して14点差だが、このレースの結果で、さらにJ.バトンを苦しめることができる。

つまり、R.バリチェロが最も軽かったのは、ベテランらしく、様々な状況を想定した”計算通り”の判断だった、ということができそうだ。

ただし、明日の天気が、R.バリチェロの考えにマッチするかどうかは、また別の問題。間違いないのは、その辺りを含めて、レースが面白くなる、ということだ。

◆ライコネン+フェラーリが軽い
K.ライコネンは、バリチェロ+ブラウンに次ぐ軽さでQ3を走った。「辛い週末」を金曜日の段階から予測していたから、バリチェロ+ブラウンの”作戦”とは異なり、K.ライコネンには軽くするしか選択肢がなかったのかもしれない。
REN2009101877719_PV.jpg
とはいえ、フェラーリがKERS付きであること考えると、ひとつ前のグリッドからスタートするトゥルーリ+トヨタにとって嫌な相手になる。トゥルーリ+トヨタは、ライコネン+フェラーリより7kg重く、さらに路面が汚れてグリップで不利なダーティ・サイドからスタートする。

もう一人、軽かったのが、ルノーのF.アロンソ。雨との相性がもうひとつで10番手に甘んじたが、前の中嶋一貴+ウィリアムズより12kg軽いことから、スタートダッシュでポジション・アップを狙っているだろう。中嶋一貴+ウィリアムズにとっての救いは、 比較的グリップのいいクリーン・サイドからのスタートであること。ただし、雨でラバーグリップか十分に乗っているとはいえない状況も考えておくべきだ。

【STINGER / Masami Yamaguchi】

予選ヨセン順位ジュンイ No. ドライバー チーム ソウ重量ジュウリョウ STG重量ジュウリョウ 目安メヤス
1      23   バリチェロ ブラウン 650.5kg -19.5kg ▽▽▽
2      14   ウェバー レッドブル 656kg -14kg ▽▽
3      20   スーティル フォースインディア 656.5kg -13.5kg ▽▽
4      9   トゥルーリ トヨタ 658.5kg -11.5kg ▽▽
5      4   ライコネン フェラーリ 651.5kg -18.5kg ▽▽▽
6      12   ブエミ トロ・ロッソ 659kg -11kg ▽▽
7      16   ロズベルグ ウィリアムズ 657kg -13kg ▽▽
8      5   クビツァ BMWザウバー 656kg -14kg ▽▽
9      17   中嶋一貴ナカジマ ウィリアムズ 664kg -6kg
10      7   アロンソ ルノー 652kg -18kg ▽▽▽
11      10   夢偉ユメイ トヨタ 671.6kg +1.6kg
12      11   アルゲルスォリ トロ・ロッソ 671.5kg +1.5kg
13      8   グロジャン ルノー 677.2kg +7.2kg
14      22   バトン ブラウン 672kg +2kg
15      15   フェッテル レッドブル 683.5kg +13.5kg ▲▲
16      2   コバライネン マクラーレン 656.5kg -13.5kg ▽▽
17      1   ハミルトン マクラーレン 661kg -9kg
18      6   ハイドフェルド BMWザウバー 650.5kg -19.5kg ▽▽▽
19      3   フィジケラ フェラーリ 683.5kg +13.5kg ▲▲
20      21   リウッツィ※1 フォースインディア 680kg +10kg ▲▲

<目安>
*670Kgを基準値として、重くなる場合は▲、軽くなる場合は▽
*▲と▽は、一つ=0〜10kg、二つ=10〜15kg、三つ=15〜20kg、四つ=20kg以上

※1:ギアボックス交換でグリッド5位降格


記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER