F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ホンダの2021F1第15戦ロシアGP–by田辺TD

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ホンダの2021F1第15戦ロシアGP–by田辺TD

オリンピック跡地が舞台。

ドラマチックなイタリアGPから10日が過ぎ、興奮が覚めないところでやらないところで、F1GPは、週末にロシアに舞台を移して第15戦が行なわれる。

会場は、2014年に開催されたロシア・オリンピックの跡地であるソチ・オートドローム。ヘルマン・ティルケ設計で、公道と専用サーキットが組み合わされたレイアウト。公道コースながら独特のムードを持っている。

セクター2は中速の90度コーナーが連続し、最終セクターは低速コーナーで構成される一方、最終コーナーからターン1まではカレンダー中でも最長の全開区間となっており、パワーユニットへ の負担も大きくなる。

ロシアGPは、2014年に始まり、今年が8回目。昨年はHondaパワーユニット勢4台全車がトップ10入りしている。

ホンダF1レーシング田辺豊治テクニカルディレクター
「後半戦の幕開けとなった3連戦を終え、今週はロシア・ソチでのレースに挑みます」

「3連戦ではさまざまなことが起こりましたが、レッドブル・レーシング・ホンダのフェルスタッペンが3戦2勝でドライバーズチャンピオンシップのリードを奪い返し、チャンピオンシップを戦う上でポジティブな結果となりました」

「今回のレースの舞台となるソチ・オートドロームは、2014年の冬季五輪メイン会場の敷地を利用し、一部に公道を取り入れたストリートコースで、全長6km弱と、1周の距離が長く、2本の長いストレートと、多くの90度コーナーが配されていることが特 徴です。PUにとっては、コーナーからの立ち上がり加速とストレートでの速さに加え、低速コーナー脱出時のドライバビリティーが重要になります」

「事前シミュレーションを行ない、準備をした上で、さらにそれぞれのセッションを走る中で、エネルギ・マネージメントやドライバビリティーの最適化を進めていきます」

「ここ数戦、ホンダのPUを搭載する4台がそろっていい形のレースができていないので、今回は4人のドライバーがパフォーマンスを十分に発揮して、よいレースができることを願っています」

「また、ここからシーズン終盤に入っていくにあたり、我々のパフォーマンスを最 大限発揮するとともにミスなくレースを戦えるよう、念入りに準備を進めていきます」

「現在、厳しいチャンピオンシップを戦う中で、ホンダはシーズン後半戦から、新型のエナジーストアを投入しました」

「高効率化と軽量化を実現した新型のエナジーストアは、フェルスタッペンがベルギーGP、ペレスがオランダGP、ガスリーがイタリアGPの決勝から使用しており、PUパフォーマンスの向上を果たし、ユニットの軽量化による車体パフォーマンスの向上にも貢献しています」

「新型の開発には数年を要し、当初は2022年シーズンに投入予定でしたが、参戦終了の決定に伴い、開発計画を大幅に前倒して、今シーズンの後半戦に間に合わせることができました。開発を担当したHRD-UKのメンバーの尽力に加え、ホンダ社内にある先進技術研究所や、量産車向けバッテリーの開発部門といった仲間の支援がなければ、性能アップを果たしたエナジーストアの開発や、このタイミングでの投入は成しえなかったと考えています。彼らの努力に対して感謝の言葉を贈りたいと思います」

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER