F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   フェッテル、9連勝の大記録達成!!

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

フェッテル、9連勝の大記録達成!!

131124svp1001.jpg

2013年の最後を飾るレースは、セバスチャン・フェッテル(レッドブル)がF1史上に輝く9連勝を達成。シーズン13勝で、ミハエル・シューマッハと並ぶ記録を樹立した。決勝レース途中、ピット作業に手間取る危うい場面もあったが、スタートでN.ロズベルグ(メルセデスAMG)に先行を許したものの、1周を終える前にトップを奪い返し、今回も横綱相撲。表彰台インタビューでは、今回のレースを最後にF1を去るチームメイトのマーク・ウェバーに最初にコメントする権利を譲った。

レースは、スタートからゴールまで雨の予想にかき回されたが、結局、雨はカメラのレンズをパラパラと濡らす程度しか降らず、波瀾は起きなかった。しかし、ジェンソン・バトン(マクラーレン)が予選14番手から4位、そして、19番手スタートのセルジオ・ペレス(マクラーレン)が6位に食い込むなど、見所の多いレースだった。

このレースでF1生活に終止符を打つマーク・ウェバー(レッドブル)は、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)とのバトルから2番手を守りきり、チェッカードフラッグを受け、パレードラップでヘルメットを脱いで周回。世界中のファンに別れを告げ、表彰台ではシャンパンファイトでハシャギすぎ、足を滑らせて転ぶオマケもつけた。

このレースを最後にフェラーリを去るフェリペ・マッサは、途中、ピットロード手前の白線カットの違反ペナルティでドライブスルーを強いられる”らしいレース”だったが、そこから巻き返して7番手。フェッテルとともにドーナツターンをインテルラゴスの観客席を埋めたファンに披露した。

フェラーリのフェルナンド・アロンソは、シンガポールGP以来の表彰台3位に柔和な表情を見せ、”この状況で来年に進みたい。マッサのドライブスルーは可愛そうだった。最後は表彰台に乗らせてあげたかった”と、フェラーリでの8年、自分との4年間のレース生活にエールを送った。

メルセデスとフェラーリのコンストラクターズ争いは、結果的にマッサのドライブスルー・ペナルティでメルセデスに軍配が上り、レッドブル、メルセデス、フェラーリの結果になった。

セバスチャン・フェッテル(レッドブル)の圧倒的な強さで幕を綴じた2013年。V8エンジンの咆哮とともに、悲喜こもごものシーズンが終わり、まったく新しい2014年にバトンを渡した。

2013F1GP第19戦(最終戦)トップ10
 1. S.フェッテル(レッドブル)
 2. M.ウェバー(レッドブル)
 3. F.アロンソ(フェラーリ)
 4. J.バトン(マクラーレン)
 5. N.ロズベルグ(メルセデスAMG)
 6. S.ペレス(マクラーレン)
 7. F.マッサ(フェラーリ)
 8. N.フルケンベルグ(ザウバー)
 9. L.ハミルトン(メルセデスAMG)
10. D.リカルド(トロロッソ)

決勝結果

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER