F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   「Sound of Honda/Ayrton Senna 1989」が文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門大賞に決定!

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

「Sound of Honda/Ayrton Senna 1989」が文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門大賞に決定!

131205H.jpg

1989年のF1世界選手権日本グランプリ予選で、アイルトン・セナが「マクラーレン ホンダ MP4/5」で記録した鈴鹿サーキットの当時世界最速ラップのデータをもとに再現したドライビングを、ムービーや3DCGで体験できるHondaのコンテンツ「Sound of Honda/Ayrton Senna 1989」が、平成25年度〔第17回〕文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門大賞に選ばれた。

Sound of Honda/Ayrton Senna 1989は、クルマと人の豊かな関係を考えるHondaの「dots(ドッツ)」※プロジェクトの一環として、1989年のF1日本グランプリ予選において記録されたセナのドライビングのアクセル開度、エンジン回転数、車速の変化といった走行データを解析し、マクラーレン ホンダ MP4/5の実車を用いて当時鈴鹿最速ラップ1周分のエンジン音を再現して収録。そのエンジン音をもとに、以下の3つのコンテンツを展開している。

<走行再現ムービーとメイキング映像>
実際に鈴鹿サーキットにスピーカーとLEDライトを設置し、セナの走行軌跡を音と光で表現した「走行再現ムービー」とそのメイキング映像「プロジェクトムービー」

<3D-View>
エンジン音や走行軌跡を3DのCG映像でさまざまな視点から体験できるWebコンテンツ

<iPhoneアプリ「Sound of Honda」>
MP4/5のサウンドをクルマの走行に同期させ、ドライブ中にMP4/5のサウンドを楽しめるiPhoneアプリ

Sound of Honda/Ayrton Senna 1989は、インターナビのWebサイト「dots by internavi」内(URL:http://www.honda.co.jp/internavi-dots/dots-lab/senna1989/)で公開中。

※「design our transportation story」の略。Hondaのインターナビ・システムを通じて収集した情報と、リアルタイムに発信される社会のさまざまな情報を組み合わせることで、多くの方々に役立つサービスの提供を目指すプロジェクト。

Photo by Honda Motor Co., Ltd.
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER