F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   STINGER レーシングナビ 11月25日号

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

STINGER レーシングナビ 11月25日号

JAFグランプリ 富士スプリントカップ情報

【レース】

◆[スーパーGT] 富士スプリントカップ予選、レース1。山本尚貴がポール獲得◆

13-1125-hsv.jpg

11月23日(土)、富士スピードウェイでスーパーGTとスーパー・フォーミュラを同時開催する特別戦「JAFグランプリ 富士スプリントカップ」が開催され、スーパーGT第1レースの予選が行われた。

第1レースの予選、GT500クラスはウイダー モデューロ HSV-010、山本尚貴がポール・ポジションを獲得。2番手はRAYBRIG HSV-010の小暮卓史が入り、ホンダが1-2体制を築いた。3番手はZENT CERUMO SC430、立川祐路が獲得した。

GT300クラスはS Road NDDP GT-R、佐々木大樹が接戦を制してポール・ポジションを獲得した。

富士スプリントカップ 第1レース予選リザルト
GT500
順位 マシン ドライバー タイム/差
1 ウイダー モデューロ HSV-010 山本尚貴 1’30.835
2 RAUBRIG HSV-010 小暮卓史 +0.244
3 ZENT CERUMO SC430 立川祐路 +0.417
出場台数:15台

GT300
順位 マシン ドライバー タイム/差
1 S Road NDDP GT-R 佐々木大樹 1’37.147
2 GAINER DIXCEL SLS ビヨン・ビルドハイム +0.350
3 NISMO ATHLETE GT-R GT3 アレックス・バンカム +0.355
出場台数23台

Photo by Honda Motor Co., Ltd.
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

◆[スーパーGT] 富士スプリントカップ予選、レース2。大嶋和也がポール獲得◆

13-1125-sc430.jpg

11月23日(土)、富士スプリントカップのスーパーGT、第2レースの予選が行われた。

第2レースの予選、GT500クラスはENEOS SUSTINA SC430、大嶋和也がコース・レコードを記録する力走でポール・ポジションを獲得。2番手はZENT CERUMO SC430の平手晃平、3番手はPETRONAS TOM’S SC430の中嶋一貴が獲得し、レクサスがフロント・ローを独占した。

GT300クラスは、第1レースの予選と同じくS Road NDDP GT-R、星野一樹がポール・ポジションを獲得。こちらもコース・レコードを記録する快走でのポール獲得となった。

富士スプリントカップ 第2レース予選リザルト
GT500
順位 マシン ドライバー タイム/差
1 ENEOS SUSTINA SC430 大嶋和也 1’30.701
2 ZENT CERUMO SC430 平手晃平 +0.094
3 PETRONAS TOM’S SC430 中嶋一貴 +0.159
出場台数15台

GT300
順位 マシン ドライバー タイム/差
1 S Road NDDP GT-R 佐々木大樹 1’36.736
2 ARTA CR-Z GT 高木真一 +0.386
3 GAINER DIXCEL SLS 平中克幸 +0.544
出場台数23台

Photo by TOYOTA MOTORSPORTS
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

◆[スーパーGT] 富士スプリントカップ決勝、レース1。塚越広大が優勝◆

13-1125-tsukagoshi.jpg

11月23日(土)、富士スプリントカップが開催され、公式予選に続いてスーパーGT、決勝第1レースが行われた。

特別戦の富士スプリントカップは、通常2人のドライバーが交代でドライブするところを、大会名と同じくスプリント(短距離)レースとして開催するため、各レースを1人のドライバーで走りきる特別ルールで行われる。

第1レースは、激戦を制してKEIHIN HSV-010の塚越広大が優勝。2位はZENT CERUMO SC430、立川祐路が獲得。3位はRAYBRIG HSV-010、小暮卓史となった。

GT300クラスは予選と同じく、S Road NDDP GT-Rの佐々木大樹が決勝でも快走。見事クラス優勝を飾った。

富士スプリントカップ 第1レース決勝リザルト
GT500
順位 マシン ドライバー タイム/差
1 KEIHIN HSV-010 塚越広大 34’37.791
2 ZENT CERUMO SC430 立川祐路 +3.285
3 RAUBRIG HSV-010 小暮卓史 +4.439

出場台数15台

GT300
順位 マシン ドライバー タイム/差
1 S Road NDDP GT-R 佐々木大樹 36’38.256
2 GAINER DIXCEL SLS ビヨン・ビルドハイム +1.200
3 ARTA CR-Z GT 小林崇志 +9.302
出場台数23台

Photo by Honda Motor Co., Ltd.
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

◆[スーパーGT] 富士スプリントカップ決勝、レース2。大島和也が完勝◆

13-1125-ooshima.jpg

11月24日(日)、富士スピードウェイで富士スプリントカップが開催され、スーパーGTのレース2決勝が行われた。

決勝はENEOS SUSTINA SC430の大嶋和也と、PETRONAS TOM’S SC430、中嶋一貴の一騎打ちとなった。

2人は接戦を繰り広げたが、大嶋が粘り強く中嶋を抑えきり優勝を飾った。2位は中嶋が獲得し、3位はカルソニックIMPUL GT-RのJ.P.デ・オリベイラが獲得した。

GT300クラスはエヴァRT初号機アップルMP4-12C、加藤寛規が優勝を飾った。

富士スプリントカップ 第2レース決勝リザルト
GT500
順位 マシン ドライバー タイム/差
1 ENEOS SUSTINA SC430 大嶋和也 34’31.193
2 PETRONAS TOM’S SC430 中嶋一貴 +0.229
3 カルソニックIMPUL GT-R J.P.デ・オリベイラ +11.921
出場台数15台

GT300
順位 マシン ドライバー タイム/差
1 エヴァRT初号機アップルMP4-12C 加藤寛規 36’42.791
2 GAINER DIXCEL SLS 平中克幸 +0.576
3 GSR 初音ミク BMW 谷口信輝 +4.053
出場台数23台

Photo by TOYOTA MOTORSPORTS
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

◆[スーパー・フォーミュラ] 富士スプリントカップ予選、国本雄資がポール獲得◆

13-1125-SF.jpg

11月23日(土)、富士スピードウェイでスーパーGTとスーパー・フォーミュラを同時開催する特別戦「JAFグランプリ 富士スプリントカップ」が開催され、スーパー・フォーミュラの予選が行われた。

今大会の予選は25分間の計時予選で争われ、プロミュー/セルモ・インギングの国本雄資が1分22秒718で自身初のポール・ポジションを獲得した。

2番手は僅差のタイムでキグナス・スノコ・チームルマンのロイック・デュバルが獲得し、3番手は国本のチームメイト、平手晃平が獲得した。

富士スプリントカップ 予選リザルト
順位 No. ドライバー マシン タイム/差
1 39 国本雄資 トヨタ 1’22.718
2 8 ロイック・デュバル トヨタ +0.092
3 38 平手晃平 トヨタ +0.111
出場ドライバー:19人

Photo by TOYOTA MOTORSPORTS
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

◆[スーパー・フォーミュラ] 富士スプリントカップ決勝、国本がポール・トゥ・ウィン◆

13-1125-SF (1).jpg

11月24日(日)、富士スプリントカップ、スーパー・フォーミュラの決勝レースが行われた。

決勝はポール・ポジションスタートの国本雄資とロイック・デュバルが接戦を繰り広げた。

2台のバトルはゴールまで続いたが、国本がデュバルの猛攻を抑えて初優勝を飾り、ポール・トゥ・ウィンを達成した。
2位はデュバル、3位はレノボ・チーム・インパルの松田次生が獲得した。

富士スプリントカップ 決勝リザルト
順位 No. ドライバー マシン タイム/差
1 39 国本雄資 トヨタ 31’27.103
2 8 ロイック・デュバル トヨタ +1.632
3 20 松田次生 トヨタ +2.548
出場ドライバー:19人

Photo by TOYOTA MOTORSPORTS
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

◆セオドール・レーシング、第60回マカオGPで復活優勝◆

13-1125-MacauGP.jpg

11月14日(木)から17日(日)に中国特別区のマカオで開催されたマカオGPで、名門チームのセオドール・レーシング・バイ・プレマが優勝を飾った。

セオドール・レーシングは香港を拠点する名門チームで、一時期はF1にも参戦し、その後はCARTやF3をメインに参戦。かつてはアイルトン・セナを起用して1983年のレースに勝利したこともある。

チームは今大会でイギリス人ドライバーのアレックス・リンを起用。リンは過酷なレースながらも終始レースをリード。
終盤にカーリンから参戦する、レッドブル・ジュニア・プログラム出身のアントニア・フェリックス・ダ・コスタとの熾烈な争いを繰り広げたが、リンはこれをしのぎセオドールに通算7度目の勝利をもたらした。

Photo by Drew Gibson/Prema
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

◆[WTCC] 最終戦マカオ予選、ホンダが2、3番手を獲得◆

13-1125-wtcc.jpg

11月15日(金)、マカオのギア・サーキットで世界ツーリングカー選手権、第12戦の予選が開催された。

予選はシボレーのイヴァン・ミュラーがポール・ポジションを獲得。2番手にホンダのティアゴ・モンテイロが入り、3番手にチームメイトのガブリエーレ・タルクィーニが入った。

また、ゼングー・モータースポーツのノルベルト・ミケリスも5番手を獲得し、ホンダ勢が最終戦の予選で上位を獲得した。

第12戦 マカオ予選
順位 ドライバー マシン タイム
1 イヴァン・ミュラー シボレー 2:28.933
2 ティアゴ・モンテイロ ホンダ 2:29.933
3 ガブリエーレ・タルクィーニ ホンダ 2:29.991
5 ノルベルト・ミケリス ホンダ 2:30.224

Photo by Honda Motor Co., Ltd.
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

◆[WTCC] 最終戦マカオ決勝、ホンダのタルクィーニがランキング2位◆

13-1125-wtcc (1).jpg

11月17日(日)、世界ツーリングカー選手権(WTCC)最終戦の決勝レースが行われた。

朝のウォームアップ・セッションで、ホンダのガブリエーレ・タルクィーニのマシンにエンジン・トラブルが発生。修復が間に合わず、タルクィーニはレース1を欠場となってしまった。

レース1では、シボレーのイヴァン・ミュラーが快走し、優勝を飾った。ホンダのティアゴ・モンテイロがこれに続いて2位でフィニッシュし、3番手はセアトのロバート・ハフが獲得した。
ゼングー・モータースポーツのノルベルト・ミケリスも4位でフィニッシュした。

レース2は、セアトのハフが優勝。2位にシボレーのペペ・オリオラが入り、3位はBMWのトム・コロネルとなった。
ホンダはタルクィーニが8位でフィニッシュし、モンテイロとミケリスはリタイアとなってしまった。

今季のWTCCは今大会で全スケジュールを終了。ホンダのタルクィーニはランキング2位で2013年シーズンを締めくくった。

第12戦 マカオ決勝
レース1
順位 ドライバー マシン タイム/差
1 イヴァン・ミュラー シボレー 22:54.522
2 ティアゴ・モンテイロ ホンダ +1.265
3 ロバート・ハフ セアト +1.592
4 ノルベルト・ミケリス ホンダ +5.147

レース2
順位 ドライバー マシン タイム/差
1 ロバート・ハフ セアト 1:23:32.152
2 ペペ・オリオラ シボレー +0.723
3 トム・コロネル BMW +1.173
8 ガブリエーレ・タルクィーニ ホンダ +30.963
RT ティアゴ・モンテイロ ホンダ DNF
RT ノルベルト・ミケリス ホンダ DNF

Photo by Honda Motor Co., Ltd.
———————————-

【 サーキットからのお知らせ 】

◆鈴鹿サーキット、2013年度SRS-Fスカラシップを発表◆

11月20日(水)、鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラ(SRS-F)のスカラシップ選考会が行われた。

選考会の結果、今年度は坂口夏月が首席、福住仁嶺が次席で、2013年度スカラシップを獲得したと発表した。

坂口はスーパーFJシリーズに参戦経験を持ち、福住は様々なカート選手権への経験を持つ。

2名はホンダの育成ドライバー「HFDP(ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)」の一員として、来年のF4への参戦が予定される。

[STINGER]
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER