F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   トヨタ新居TCDレース後会見全録

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

トヨタ新居TCDレース後会見全録

090621_sky-pm.jpg
「2台とも、スタートを決められなかったというのは大きかったですね」

◆ティモはコーナーで押され、ヤルノはクラッチが滑った
新居章年技術コーディネーション担当ディレクター(以下、新居)
 まずは、スタートの問題ですね。ティモの方は問題はなくて、あとでデータを見ても、速度もちゃんと出ていて、普通に行けば、追い越されるようなスタートではなかった。ただ、グリッドが偶数側ですよね。それで、1コーナーから先のライン取りで、バトンに押さえ込まれるような格好になっちゃって、そのあとで、外に出てしまうことになった。

ヤルノは、実はスタートに問題がありまして、スタートした瞬間に、クラッチがつながらなくなった。エンジンに関しては、2人は同じセッティングですが、クラッチについては、ヤルノの方だけが”滑って”しまって、トルクを伝えきれなかった。……ということで、ああいう(遅れた)スタートになってしまいました。

それで、非常に辛いレース展開になって、ドライバーはいろいろトライはしたんですけど、このコース、なかなか抜くのはむずかしいということで。

それで、ピットストップのタイミングを変えるとか、いろいろやったんですけど、ティモについては、珍しく2回目のピットストップとのときに、リグ(給油口)が外れずに、5秒くらいロスしまして。その結果、第2スティントで(前に)くっついて行って、次のピットストップで前に出ようという作戦が、まるでできなくなった。

ヤルノの方は、オプション→オプションというタイヤ戦略だったんですけど、二回目のタイヤが、どうもうまくグリップが出なかった。ヤルノにしては珍しく、フロント・ウイングを動かしながらの走りになったんですけど、それでも、うまくグリップが出てこない。そんな流れだったですね。

チームは、それぞれの立場でできることをやったんですけど、それが結果には結びつかずに、非常にフラストレーションがたまるという日になりました。

予選の結果を見ても、クルマはそんなに悪くないと思うので、次の「ニュル」は(トヨタにとっては)ホーム・グランプリといってもいいので、頑張ります。

—-3日間を通じて、路面のバンプに対しては?
新居
 それは問題なかったですね。だから(車高は)もっと下げてもよかったのかもしれない。それに対する”用心”は、ずっとしてましたけど。

◆ニュルでは、予選でもっと前にいたい!
—-「ドイツ」については、どのような展望を?
新居
 ドイツは、やっぱり一番のポイントは予選だなと思ってます。レースは、3分の1が予選で、あとスタート、そしてストラテジーも含めての展開だと思ってますので、次のドイツでは、予選をしっかりやりたい。

—-ニュルというコースとの相性では?
新居
 ここ(シルバーストーン)よりは、よくない!と思います。だから、その分は、アップデートをしっかりやりたい。(準備が)間に合うといいですけどね!(笑)

—- KERS も”効きそう”ですよね?
新居
 ここよりは、ね。ここは「回収」ができないので使わなかったと聞いてますが、でも、あそこなら(パワーを)貯めることもできそうですし。

—-ヤルノが、第2スティントでペースが上がらなかったのは?
新居
 路面の状態は、あまり、その前と変わってなかったと思います。ただ、トラフィック(混雑)の状態とか、そのなかへ入っちゃって、自分のペースで走れずに、うまくタイヤを使えなかったとか、そういうことですね。

—-決勝でのタイヤの選択は、予定通りで?
新居
 予選のあとで決めまして、また、マジョリティ(大勢)はそうだろうと思ってました。ただ、展開がよくなくて、ピットストップで逆転を狙うということだったら、プライムからプライムではなく、プライム→オプションというやり方も、あったかもしれないですね。

ただ、最初のスタートダッシュを考えたら、スタートはやっぱりオプションの方がいいのかな、と。でも、プライムは一周目が悪いだけで、行き着く先のタイムは(オプションと)変わらなかったりしますからね。

◆レッドブル以外とは、同等に走れている!
—-ヤルノが一回目に積んでいた燃料というのは、ライコネンの前に行きたいという狙いですよね?
新居
 当然、そうです。作戦的には、そこで前に出るつもりが、できなかったので、二回目のピットストップで逆転しよう、と。そういう意図だったんですけど、でも、狙ったことがすべて外れて、フラストレーションがたまるという(笑)今日はそういうレースでしたね。

—-タラレバ、でいうと?(笑)
新居
 結果的にいえば、優勝した2台は別として、それ以外のクルマとは、そんなにペースは変わらなかったと思うんですよ。ですから、それ(タラレバ)を許していただければ、スタートさえよければ、もう少し違ったレースになっていたとは思いますね。

                【STINGER / text by Iemura Hiroaki】

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER