F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   トヨタ新居TCD レース後会見全録

NEWS

トヨタ新居TCD レース後会見全録

090830_arai.jpg

◆第一スティントのタイヤは、昨日、プライムと決めていた
新居
 ミスなくやれれば、結果はついてくると思ったレースでしたけど、終わってみれば”ボウズ”というか(笑)無得点ということで。ポイントも取れないとは思っていなかったので、非常にみんな、がっかりしてます。とくにドライバーはショックという感じでしたね、今日は。

レースを振り返ると、プライムかオプションかということで、昨日の気温の低い状態でも、プライムのウォームアップは問題ないと思ってたので、かなり早い段階で、プライムで行こうというのは決めてました。まあ決勝日は、かなり路面温度が上がりましたけどね。

決勝レースではセーフティカーが入って、ティモは、セーフティカーが入ったあとが辛かったといっていて、そういう意味では、オプションにしておけばよかったかなという話はたしかにありますけど。

でも、(スタート時の)タイヤの選択については、そんなに問題なかったのかなと思います。

◆走行ラインが交錯して追突、そして、その後遺症!?
新居
 
ヤルノについては、1コーナーでの接触ですね。ラインがちょっと交差するようになってしまって。ハイドフェルドは、ブレーキをロックさせたと思うんですけ
ど、そのときに、ヤルノにいわせれば「ハイドフェルドが失速した」と。その結果、(走行)ラインも重なったけど、クルマも重なって、ノーズを当ててしまっ
て……。

そこから、ノーズも換えて、タイヤも換えて、燃料も積んで、あとはワンストップにするというくらいのつもりで送り出したんですけ
ど。そのあと、ティモがピットインしたときあたりから、エンジニアの方から(ヤルノの)ブレーキの具合がちょっと怪しいよという話が入ってきて、これは終
了までブレーキが保たないよ、と。

これが(ハイドフェルドと)”当たった”側のブレーキだったので、ダクトのなかに何か入っているのかも
しれないということで、早めにピットに入れてチェックした。メカニックは、何も異常はないということだったんですけど、テレメーターではやっぱり異常があ
る。それで、危ないからやめようということで(クルマを)止めました。

ティモは、スタートでうまくポジションを上げることができて、ポイントも挙げられると思っていたんですけど、給油でノズルがロックしちゃって、7〜8秒くらい(時間が)余計にかかった。このミスが大きかったですね。

◆今年のクルマは、高速サーキットには合っている
—-ストレート・スピードはそんなに速くなかったけど?
新居
 ストレート・スピードはですね、バランスの問題ですから。でも、(他車に)抜かれましたね(笑)。

今回のレースは、(最近の数戦と較べて)予選まではうまく行った! 次は、予選は今回のようにうまく行って、レースは(最近数戦のように)うまく行けば、と思いますけど(笑)。

今年のクルマは、こういうところ(高速コース)はよさそうなので、モンツァも、もっと速いですけど、でも、心配することないのかなと思います。
また、気持ちを切り換えて、頑張りますので、よろしく!

【STINGER / text by Iemura Hiroaki】


記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン205ポイント
2位バルテリ・ボッタス161ポイント
3位マックス・フェルスタッペン128ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG366ポイント
2位レッドブル192ポイント
3位マクラーレン106ポイント
more
情報なし