F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   トヨタ新居TCD レース後会見全録 シンガポールGP

NEWS

トヨタ新居TCD レース後会見全録 シンガポールGP

_O4V6963.jpg

◆嬉しい2位! ピットもドライバーもいい展開で
新居章年技術コーディネーション担当ディレクター(以下、新居) 嬉しかったです! 何やかやいうよりは、今日は素直に喜びたいですね。この前に「表彰台」だったのがバーレーンで、そのあと、ヨーロッパ(ラウンド)からずっとダメだったので、今日はほんとに……。
いろんなことはありましたけどね、ウチにとっては(いろんな要素が)うまい方向に動いてくれたかな、と。

結果的に、2位というポジションを獲得できましたけど、まず今日はスタートしてすぐに、ティモがコース上でアロンソを、ターン8の入り口かな、そこで抜いて。そのあと、ウェバーがミスして、また順位を上げて……。これで4位になったから、あとは(ニコの)ペナルティなんかがあって、うまく行ったかなと思ってます。

あと、今日はレース中、こっちというかピット側は忙しかったんですよね。やっぱり暑かったので、ほかのチームでもブレーキに問題を抱えてるところあったと思うんですけど、ウチも楽々走ってたわけじゃなくて、ブレーキの温度、あと油温とか、けっこうきびしかったんですよ。

ですからこっち(ピット)も、タイヤの温度やレースの流れを見ながら、ティモに、プッシュしろ、控えろとか、そういうのをけっこう頻繁にやってたんですね。それにうまく、ティモが応えてくれて、プッシュするところはプッシュしてくれたし、タイヤを痛めたくなかったので、抑えて走れといえば、その通りに(タイヤの)温度が下がるまで走ってくれたし。そういうのが、今日はうまく行ったかなと思います。

—-レース中に、クルマから何が落ちたんですか?
新居
 あれですか、ティモのリヤウイングの先端です。影響は……最高速が上がっていいんじゃないかと(笑)いってたんですが、とりあえずは、そんなに大きな影響はなかったです。ダウンフォースは減ってましたけどね。

—-落ちた原因はバイブレーション?
新居
 あのぅ、ちゃんとつくって来たんですけどねえ。……としか、いいようがないですね(笑)。ハンガリーのときとはちょっと違ったカタチにつくって来て、実際に走るのは今回が初めてだったんですけど。

◆暑さのなか、ブレーキは調整後、心配なくなった
—-レース中の路面の変化などは?
新居
 ドライバーからはとくに聞いてはいないですけど、こっち(ピット)としては(タイヤの)温度を見ながら、(ペースを)上げろ/下げろといった話をしていたんですけど。でも後半ね、オプションをみんなが履いてからベストタイムが出ていましたから、(路面は)悪くはなかったと思いますけど。最後に(後ろにいた)アロンソがオプション履いて出てきましたけど、数周でタイムが落ちはじめたので、前のハミルトンも、そんなにペースは上げてなかったので、前後を見ながらティモに指示を出してました。

—-ブレーキはかなりキツかった?
新居
 いや、ウチは最初の方(だけ)でしたね。最初、温度の上がり方が急激だったもんですから、バランスを変えて……。そのあとは、キャリパーの温度がちょっと高めでしたけど、それだけで、大きな問題はなかったです。
モントリオールがないので、今年のグランプリでは、ここが一番ブレーキにはキツいと思いますけどね。
F12009Singapore_7997.jpg
—-ヤルノは発熱していて体調がよくなかったようですが?
新居
 でも、今日はよく走ってくれたと思いますよ、ヤルノは! 木曜からずっと、喉の炎症で熱が出ていたみたいですね。

◆このクルマは、鈴鹿にはもっと適合する!
—-ここで投入した新パッケージは、鈴鹿では?
新居
 ええ、クルマとしては、鈴鹿にはもっと”合ってる”と思うので! もちろん鈴鹿ではちょっと仕様は変わりますけど、もう少しダウンフォースも減らしますし。

—-クルマは、鈴鹿の方がもっと戦闘力はある?
新居
 ありますね、ハイ!

—-今日は、チームとしてはノーミスのレース?
新居
 ピット作業での若干のタイム・ロスがありましたけれど、でも、こっち(ピット)から(ドライバーに)出してる情報とかペース配分の指示とか、あるいは相手を見ながらのスティントの長さ(の決定)とか、そういうのはうまく行ったかなと思ってます。
090928_arai.jpg
—-じゃ、採点すると?
新居 90点くらいは……(笑)。

—-鈴鹿に”合っている”というのは、ここよりダウンフォースを減らしても、バランスよく走れるということで?
新居
 あの、クルマの「素性」として、去年のクルマは、どっちかというと、ハイ・ダウンフォースの(コースの)方が競争力があったと思うんですけど、今年のクルマっていうのは、高速のコーナーがあるところの方が向いていると思うので……。ドラッグとダウンフォースのバランスというのが、少し速めのコーナーがあるサーキットに向いている。鈴鹿は、ヘアピンと最終コーナーを除けば、速い方のコーナーがつづくサーキットですよね。ですから、来週はもっと!(笑)

【STINGER / text by Iemura Hiroaki】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン44ポイント
2位マックス・フェルスタッペン43ポイント
3位ランド・ノリス27ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG60ポイント
2位レッドブル・ホンダ53ポイント
3位マクラーレン41ポイント
more
情報なし