F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   新居TCD予選後会見全録 アブダビGP

NEWS

新居TCD予選後会見全録 アブダビGP

F12009AbuDhabi_O4V7050.jpg

◆可夢偉は惜しかった、よくやった!
新居章年技術コーディネーション担当ディレクター(以下、新居)
 今日は、公式見解は、まあいい結果だった、と。可夢偉は、ほんと、惜しかった! ……ということで、期待があっただけにがっかりしたんですが。でも、冷静に考えてみると、よくやってるな、と。タイヤがあったまらないので、何周も何周も走らないといけないし、前のクルマとのスペースも取りにくいような予選のなかで、(可夢偉は)よくやったと思います。

ヤルノは、もうちょっと上(上位グリッド)のつもりだったんで、6番手というのはちょっと残念だったんですけど。ほんとは、まあハミルトンは速かったし、レッドブルも速かったですけど、でも、ブラウンよりは前に行けると思っていただけに、終わってみたら、ちょっと残念……。でも、非常に接近してる間のことですからね、まあ、しょうがないかな、と。

今日は、まずプラクティス3ですけど、温度が非常に高くてですね、プライムを履いてもオーバー(ステア)側に行っちゃうという感じで、あのセッションは、まあ、あんまり役に立たなかったな、と。役に立ったのは、タイヤの”あったまり”が悪いのがよくわかったこと。

それと、プライムとオプション(予選で)どうしようかと迷ってたんですけど、今日やってみて、これはもう、予選のメインはプライムで行くしかないな、と。ただ、プライムはあったまらないので、それならグルグル回る(周回を重ねる)しかない。

◆予選のアタック・タイヤは、ミディアムしかない!
新居
 ですから、プラクティス3が終わった時点で、予選のQ2での闘い方は、もう(プライムによる)ロングランしかないと決めてました。やっぱり、タイヤを(交換して、時間内に)2セット使うというのはムリなんですね。タイヤを3周あっためて、それから(アタックする)ということになりますから。ということで、うちはQ2は「5計測」で──まあ、ほかもだいたい同じだったかもしれませんが。

同じようにQ3も、Q2が終わった時点で、これはロングランしかない、と。ということで、プラクティス3があったので、そこから、予選はこういうように闘うしかないということを決めることができました。

—-P3は、タイヤだけ見ていた?
新居
 クルマのバランスは、あそこ(P3)では判断できなかったですね。ヤルノは、ブレーキのロックをいってたんですが、予選に向けて、同じ部品ですけど、ローターを換えたら治まったので、そういうチェックもできましたけど。

—-ヤルノは、P3から予選へ、クルマはいじってない?
新居
 あ、いじってますよ。車高は少し下げたし、あとメカニカルなバランスも直してます。ちょっと前(サス)を柔らかくしてとか。大きくは変えてませんけどね。

F12009AbuDhabi_O4V7150.jpg◆あと「2ポイント」は絶対にほしい!
新居
 ……ということで、予選は、終わった瞬間はちょっと残念だったんですけど、可夢偉もよくやったし、明日のレースはシーズン最後でもあるし、みんなで頑張って、少しでも上に行きたいと思ってます。可夢偉にしても、あの位置というのはポイント(の獲得)を十分に狙えるところだし、もちろんヤルノは、ポイントは当たり前で、少しでも前に行ってほしい。あと2点取らないと、(トヨタとして)去年のポイントに及ばないということがあるので。コンストラクター(ポイント)の方も、少し(上と)開いちゃってるんですけど、少し頑張れば、(ニコ・)ロズベルグの上には行けるかもしれないので。

—-展開としては、セーフティカーが出るようなことも考えている?
新居
 レースはわかりませんけど、でも、あの(ピットレーン出口の)トンネルのなかで何かが起こったら、どうするんでしょうね?(笑)常識的にいえば、コースの一部が塞がれたということで、レッドフラッグ(赤旗)になるんじゃないかといってますけど。

—-ヤルノのコンマ3秒落ちという、可夢偉選手のタイムへの評価は?
新居
 可夢偉のタイム、いいと思いますよ。ただ、Q2のときにね、前後にクルマがあるなかで、ペース落としたり、タイヤを温めたりというのが、彼としては初めてで、そういうのはけっこう”しんどかった”んじゃないかと思う。最後のアタックでも、前に追いついてしまったりしているので、そういうのはやはり経験が少ない部分で。まあ、もっとぼくらがサポートしなければいけなかったんですけど。でも、そういうなかで、ほんと、よくやったと思います。

—-もしも可夢偉選手がQ3へ行っていたら、ヤルノより燃料を多くするといった作戦も?
新居
 うちは、基本的には(二人のドライバーは)同じ作戦ですから、同じような重量になると思います。可夢偉は、Q2のときは5周走ったんだけど、タイヤのあったまり方も左右均等に行かなかったというのがあるみたいで、彼としては、Q1の方が、タイヤはうまく使えたと言ってますね。

ですから可夢偉としては、すべてうまく行って、限界まで行けたというような予選ではなかった。でも、いつも彼は、あそこをうまくできれば、こっちを直せたらと思ってるのでね。そういう向上心があるので、次の機会があれば、もっとうまく行くんじゃないかと思います。

—-今回のソフトタイヤがタイムアタックに使えないというのは、なぜ?
新居
 普通は、ソフトの方がウォームアップが早いというのがありますよね。でも、これがミディアムと較べて、あまり変わらない。ソフトでも、やっぱり(アップに)2ラップくらいかかる。じゃグリップが格段にあるかというと、これもあまり(ミディアムと)変わらない。

そして、逆にソフトは、あったまると柔らかくなって、ドライバーはムービングといってますけど、クルマの動きにグニャグニャ感が出てくる。コーナーに入っていくときでも、より信じて行けるのはプライムの方だと、可夢偉もいっていた。

そうなると、グリップ性能が同じで、ウォームアップが変わらなくて、そして、柔らかい感じが好ましくないということになったら、ソフトはいいところないんですよね(笑)。

—-明日のレースも、プライム中心で?
新居
 そうなる
と思います。今回は迷わなくていいからいいねと、どなたかにも言われましたけど(笑)。予選に話を戻せば、Q2に進めなかった5台というのは、どれも(プライムを使わず)オプションを二回使ったところなんですよね。

【STINGER / text by Iemura Hiroaki】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン69ポイント
2位マックス・フェルスタッペン61ポイント
3位ランド・ノリス37ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG101ポイント
2位レッドブル・ホンダ83ポイント
3位マクラーレン53ポイント
more
情報なし