F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-チーム・ロータス【バルセロナ・テスト3日目】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-チーム・ロータス【バルセロナ・テスト3日目】

110220lo.jpg

スペイン・カタルーニャ・サーキット: 4655m
周回数: 48周
高度: 121m
天候: 雨 / くもり / 晴れ
路面温度: 最低8℃ / 最高17℃
ファステスト・ラップ:  1:25.454 (45周目)

◆ヤルノ・トゥルーリ

「メカニカルな問題で走行時間が短くなったけれど、今日はいくつか良いデータを集められたし、全体的にマシンは良い感触だよ。今日は、僕にとってバルセロナで投入された新しいタイヤを履いたマシンで初めて走った1日だったし、走行距離は長くなかったのに、午後のセッションを通していくつか一貫したラップタイムを刻むことができたんだ。午前中は、ウエットとインターミディエイト・タイヤを評価して、いくつかセットアップを変更したよ。全体的にポジティブな1日だったし、僕たちがトップに近づいてく様子を見るのは素晴らしいよ。これは自信につながるし、チームにとっても前へ向けてプッシュし続ける励みにもなるんだ。今日はマシンをより理解する時間がなかったから、明日はさらなるセットアップの評価をしたい。小さい問題がいくつかあるけれど、解決できたし、マシンから引き出せるポテンシャルには、まだ余地があるから、もっと周回数を稼ぎたいね」。

◆マイク・ガスコイン(技術部門責任者)

「午後にウォーターパイプに問題があり、走行が限られてしまったので、若干フラストレーションが溜まる1日だった。問題については把握していたが、スペアパーツが無いので、サーキットで修理してパーツを使わなければならなかった。チームは良い仕事をし、ヤルノをできるだけドライ・コンディションで走らせようとした。1終わりの方では、ヤルノはマシンにかなり満足していた。非常にタフな1日だったが、ウエット・コンディションでそれなりの走行距離を稼ぐことができ、いくらか進歩をすることができた。明日は新しいパーツが使えるので、より多く走行距離をこなしたい」。

【翻訳:Atusi Kitami】

※インターミディエイト・タイヤ
ドライとウェットの中間のコンディションで使用するタイヤ。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER