F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-スクーデリア・フェラーリ・マルボロ

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-スクーデリア・フェラーリ・マルボロ

090712fe.jpg

◆スクーデリア・フェラーリ・マールボロは、フィリッペ・マッサの3位によってシーズン二度目の表彰台を得た。キミライコネンは、34周目に破片を拾ってラジエターの冷却液系統が破損し液漏れのためにリタイアした。チームは3位を奪ってポイントを加算し、コンストラクターズポイントで3位に近づけてくれたマッサに感謝する。

◆ステファノ・ドメニカリ・チーム代表
「表彰台に戻れたのはいい感じだ。フィリッペが完璧なレースをこなしてくれたことで、トラックとマラネロのチーム全員が活気づいた。キミは、不幸なことでいい結果を出せなくて残念だった。常々言っているように、我々の目標はコンストラクターズ・チャンピオンで3位になることだ。今日の結果はその助けになる。繰り返しになるけれど、拮抗した闘いがグランリだ。今年は特にそれが顕著だから、努力を続けなければならない。タイヤいかにうまく使うかが今後も課題になると思う」。

◆フィリッペ・マッサ
3位
「表彰台はすごく久しぶりだね! 不調のシーズン序盤を過ごしたから、マジでここに来たかった。いい勝負ができるところに向けて、僅かだけれど進化している。すぐにでも、イタリアとブラジルの国歌を聴きたいよ!! 巧いスタートと作戦が今日の結果を支えてくれた。フェッテルを抑えていたけれど、もう少し先でピットインしていれば、ポジションをひとつ上げられたかも。まぁ、後付けで言うのは簡単だけどね。レース前は、実を言うと、表彰台は無理で5位辺りかと思っていた。でも、思ったよりクルマがよかった。この方向で進化するように努力するよ」。

◆キミ・ライコネン
リタイア
「ドイツはいつもボクに幸運をくれない!! 何度リタイアしたか分からないね。いい結果を出せるはずだった。スタートでは、うまくクルマをコントロールできなかったけれど、それは誰にも同じ条件だと思ったんだ。14周目辺りで、ナニかがおかしいことに気がついた。パワーか落ちて、ピットに戻るように言われたけれど為す術なしだった。スーティルとのアクシデント? 良くあるレーシングアクシデントだよ。どっちにも言い分はあると思うけど、スチュワードの判断に従うよ」。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER