F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース -レッドブル・レーシング

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース -レッドブル・レーシング

090712rb.jpg


◆ウェーバー初勝利!!

◆マーク・ウェーバーがポールポジションから優勝した。
「今日は本当に特別な日だ。ここではチャンスがあると思ったので勝ちたかった。昨日の予選でポールポジションを取った後に、それが可能なポジションにいると思っていた。雨のレースで試されると思ったけれど、勝つことを試される日になった。スタートでバリチェロ二当たってしまったのは、もう少し彼が左にいると思ったから。普通はああいうことはしないよ。で、ドライブスルーのペナルティを受けてしまった。でも、それをリカバーした。エンジニアがボクを冷静にするように仕向けてくれたお蔭で今日は偉大な日になったよ。シーズンオフに大きな怪我をしてしまったけれど、セバスチャン(フェッテル)が一生懸命テストをしてくれたお蔭で、モチベーションを非常に高く保つことができて厳しいリハビリに耐えられた。チームのみんなの助けがあったこともとてもありがたかった。オーナーのデートリッヒ・マティッシとレッドブル、そしてレッドブル・レーシングの全員に、ボクの勝利を助けてくれたことを感謝したい。ボクのキャリアを助けてくれたオーストラリアの人々、中には何人かボクを疑っていた人もいたけれどその人も含めて、ね! みんなに”やったよ”と伝えたい」。

◆セバスチャン・フェッテルは、4位からスタートして2位でゴールした。
「マークにおめでとうを言わなくちゃ。今日は彼に太刀打ちできなかった。彼は誰よりも速かったから。彼は勝つ権利を持っていたよ。自分の結果には満足している。グリッドの周りがみんなKERSカーだったから、スタートはよくなかった。2台のマクラーレンとマッサのフェラーリにも先にいかれてしまって1コーナーでは8番手かその辺りになったと思う。そこからリカバリーできたからよかったね。第一スティントは、柔らかい方のタイヤを履いていたけれど渋滞につかまってイライラしたよ。フィリッペ(マッサ)をどうしても抜けなかったんだ。彼は(KERSの)スペシャル・ボタンを常に使っていたからね。でも、作戦か正解だったのはラッキーだった。2位になれてよかったよ。フィリッペは最後まで食い下がってきていたから大変だったけれど、チームの1-2フィニッシュに貢献できた。もちろん勝ちたい。でも、昨日のマークは、今日の勝利に向けてよりいい仕事をしていたからね。二人はいいバトルをしていると思う。次のレースを楽しみにしている」。

◆クリスチャン・ホナー・チーム代表
「輝かしいチームパフォーマンスだった。マークは見事な運転をしてくれた。彼が勝利に向けてマージ面としてくれたことを誇りに思う。セバスチャンは難しいスタートになってしまったけれど、2位になってマークの優勝を支える素晴らしい仕事をしてくれた。1-2フィニッシュは誇れる結果だ。(ドライバーズとコンストラクターの)ふたつのチャンピオンシップを狙える可能性が出た。チームにとって今回の結果は非常に重要だ。ともあれ、今日のマークは、優勝に値していた」。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン310ポイント
2位シャルル・ルクレール201ポイント
3位セルジオ・ペレス201ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング511ポイント
2位フェラーリ376ポイント
3位メルセデス346ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER