F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-レッドブル・レーシング

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-レッドブル・レーシング

090727 rb.jpg

今日は6点いただき、11回目の表彰台。二人の”ウィングス・ドライバー”は、ポイントリーダーに迫って2週間の休みに入るぜぃ!

◆マーク・ウェーバー 3位からスターとして3位でゴール
金曜日の段階では、少し速いと思っていたんだけれどね。マクラーレンとフェラーリが、周囲に来ると思っていた。前の2戦がそうだったように、我々にアドバンテージがあるわけじゃなかったね。でも、今日の結果には満足しているよ。第二スティントでは、違うタイヤとピットのタイムロスで、キミ(ライコネン)に前に出られてしまった。でも、ここから、マシンをもっと進化されることができるはず。今日は、その意味でポジティブな日だったと思う」。

◆セバスチャン・フェッテル 2位からスタートしてリタイア
「スタート直後の第一コーナーでキミ(ライコネン)と接近した ボクは内側にいたんだけど、彼がサイドウェイしてきて、ちょっと接触した。彼がボクのクルマにぶつかってきたんだ。それが最初のピットストップの理由なんだ。ちょっとついてなかったね。左フロント・サスペンションを傷めて、リタイアしてしまった。ここでは、他チームとの差が詰まっていことを知っていた。でも、ボクたちのクルマのステアリングには、(KERSの)ボタンがついてないからね。それを押したら何も起きなかったはずだよ。残りのシーズンに向けて、何ができるか考えなくちゃならないと思う」。

◆クリスチャン・ホナー・チーム代表

「3位に入ったマークはいい仕事をしてくれた。第二スティントへのピットストップで手間取って、キミ(ライコネン)の先行を許してしまった。それにしても、今日のルイス(ハミルトン)には追いつけないところにいた。それでも、マークの3位は、ドライバーズでもコンストラクターズでも、いい結果だった。セバスチャンについては、今日はすべてがうまくいかなかった。最初のコーナーでサスペンションを傷めてリタイアになってしまった。しかし、コンストラクターズ・ポイントで(ブロウンGPに)近づいたので、次のバレンシアを楽しみにしている」。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン258ポイント
2位シャルル・ルクレール178ポイント
3位セルジオ・ペレス173ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング431ポイント
2位フェラーリ334ポイント
3位メルセデス304ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER