F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-パナソニック・トヨタ・レーシング

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-パナソニック・トヨタ・レーシング

090824 toyo.jpg

◆重い燃料を積んでスタートした両ドライバーは、レース半ばで最初のピットストップを実施。スーパーソフトタイヤに履き替え、比較的短いスティントを2つ走る戦略を取ったグロックは、終盤に別のスーパーソフトタイヤに変え、1分38秒683のレース全体の最速ラップを記録。これは、パナソニック・トヨタ・レーシングにおける歴史の中で3回目の嬉しい記録となった。

ヤルノ・トゥルーリ
決勝=13位
「グリップ不足に苦しめられたし、スタートも上手くいかず、予選からクルマは進化しなかった。僕は今日も同じ問題を抱えていたし、フリー走行のときの感触にはほど遠いグリップだったよ。ベストを尽くしたけれど、順位を上げるためにできることは何もなかったんだ。ベルギーではもっと良い結果を出したいよ」。

ティモ・グロック
決勝=14位
「ブダペストのように、レースでの僕たちはとても速かった。それだけに、スタートのアクシデントは残念だよ。前を走るクルマを避けるためにブレーキを強くかけたけど、第1コーナーで内側に勢いよく突っ込む形になったんだ。すると、背後から追突されたから、その時点で上位のポジションを獲る望みはほとんど消えたね。だけど、せめてデータを収集しようと、残りのレースを精一杯戦ったし、最後に最速ラップを記録して戦闘力があることを示せたのは良かったよ」。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン310ポイント
2位シャルル・ルクレール201ポイント
3位セルジオ・ペレス201ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング511ポイント
2位フェラーリ376ポイント
3位メルセデス346ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER