F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース – ブリジストン

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース – ブリジストン

090830 bs.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
090830 bs2.jpg
◆スパ・フランコルシャンで開催されたベルギーGP決勝は、スリリングで戦略的なレースをソフト・ミディアム・ソフトのタイヤ戦略で戦ったキミ・ライコネン(スクーデリア・フェラーリ・マールボロ)が、今季初優勝を飾った。

ライコネンに一秒以下のタイム差で続いたのは、ポールポジションからスタートしたジャンカルロ・フィジケラ。フィジケラはソフト・ソフト・ミディアムのタイヤ戦略で、フォース・インディア初の2位という過去最高の結果をもたらした。3位は、ミディアム・ミディアム・ソフトのタイヤ戦略を使ったセバスチャン・ベッテルが入った。

安川ひろし (株)ブリジストン モータースポーツ推進室長
「今年初めての優勝を果たしたキミ・ライコネンとスクーデリア・フェラーリ・マールボロにお祝いを申し上げます。また、見事2位を獲得したジャンカルロ・フィジケラとフォース・インディアにもお祝いを申し上げます。今日は、ブリジストンのタイヤが素晴らしい演出に一役を買い、非常にエキサイティングなレースを観ることができました。今回はブリュッセルを本拠地とするブリジストン・ヨーロッパのホーム・レースでもありましたので、サーキットの観客及び世界中の大勢TV視聴者が、このような素晴らしいレースを観ることができたのは、大変嬉しいことです」。

浜島裕英(株)ブリジストン MS・MCタイヤ開発本部長
「タイヤに関しては非常に興味深い週末でしたし、これがとてもエキサイティングなレースを提供したと思います。ミディアムとソフトのブリジストン・タイヤは、どちらを選択しても期待する高い性能を発揮しました。表彰台の全員がそれぞれ異なるタイヤ戦略で、このリザルトを達成しました。どのタイヤがどのチームにとってベストだったかは、クルマの特徴、セットアップ、ドライバーの好みなどによって異なり、かなり幅広い戦略のチョイスが見られました。今日は、今シーズン初めて非常に小さいブリスターが発生しました。これは、今回のコースでタイヤが酷使されたことを示しています。モンツァでも同じタイヤ選択となりますので、ここで学んだことをチームがいかに次のレースで活かすかというのが興味深い点です」。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン258ポイント
2位シャルル・ルクレール178ポイント
3位セルジオ・ペレス173ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング431ポイント
2位フェラーリ334ポイント
3位メルセデス304ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER