F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース – スクーデリア・フェラーリ・マールボロ

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース – スクーデリア・フェラーリ・マールボロ

090830 fe.jpg

スクーデリア・フェラーリ・マールボロは、キミ・ライコネンの手でシーズン初勝利を飾った。彼の、キャリアの18勝目、スパ-フランコルシャンでの4勝目だった。フェラーリにとっては、788グランプリでの210勝目となった。16位からスタートしたルカ・バドエルは、14位でゴールした。

「優勝できて非常に嬉しい」とステファノ・ドメニカリ・チーム代表。

「ドラマチックなシーズンで、全員が努力を継続した結果だ。この勝利を、明日誕生日を迎えるルカ・ディ・モンテゼモロ会長に捧げたい。これ以上のプレゼントはないと思う。フィリップ・モリス、シェルを始めとするパートナーにも感謝したい。多くのファンにもお礼を言いたい。また、マイアミで明日のメディカルチェックを待っているマッサにも。キミ(ライコネン)は素晴らしいレースをしてくれた。勝利は、彼の素晴らしいペースと、完璧な2回のピットストップのた賜物だ。4レース連続でチームの一人が表彰台に上がっている。ルカ(バドエル)は、ベストを尽くした。マッサが快復するまでがんばってほしい。次のモンツァはホームレースだ。同じ努力を続けるのは大変だが、全力を尽くしたい」。

◆キミ・ライコネン(優勝)
「ボクにもチームにも偉大な勝利だよ。表彰台で飲むシャンペンは最高だ。ここでドライブするのは楽しいけれど、4回勝った秘訣は言葉にできないよ。早く1勝したかったけれどそれが実現できた。クルマはベストではなかったけれど、チーム全員で力を合わせてマネージした結果だ。ルーベンス(バリチェロ)にじゃまされたけれど、何とか回避した。セフティカーの後ろにいたときは、タイヤとブレーキの温度管理に注意を払っていたんだ。だから簡単にフィジケラをパスできた。最初のピットストップの後は、柔らかいタイヤよりよかったけれど、それはあとだから言えること。(柔らかい方のタイヤを履いた)最終スティントは、KERSを使ってジャンカルロ(フィジケラ)と戦った。モンツァは難しいレースになると思う。我々のクルマは高速コーナーが苦手だからね。でも、全力を尽くすよ」。

◆ルカ・バドエル(14位)
「今日は全力を尽くした。不幸だったのは、スタート直後の最初のコーナーで、フラットスポットを作ってしまったことだね。それで最初のスティントは酷いバイブレーションに苛まれた。タイヤを交換した後は改善されたよ。でも、硬い方のタイヤは、柔らかい方より少しよくなかった。パフォーマンスを上げて次のモンツァに備えたい。フィオラノとムジェロ(ともにフェラーリのテスト・コース)とならんで、ボクが最もよく知っているコースのひとつだからね。キミとチームの素晴らしい優勝は嬉しい。我々にとって待ちわびていたことだからね」。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

オリジナル リリース – スクーデリア・フェラーリ・マールボロ

090830 fe.jpg

スクーデリア・フェラーリ・マールボロは、キミ・ライコネンの手でシーズン初勝利を飾った。彼の、キャリアの18勝目、スパ-フランコルシャンでの4勝目だった。フェラーリにとっては、788グランプリでの210勝目となった。16位からスタートしたルカ・バドエルは、14位でゴールした。

「優勝できて非常に嬉しい」とステファノ・ドメニカリ・チーム代表。

「ドラマチックなシーズンで、全員が努力を継続した結果だ。この勝利を、明日誕生日を迎えるルカ・ディ・モンテゼモロ会長に捧げたい。これ以上のプレゼントはないと思う。フィリップ・モリス、シェルを始めとするパートナーにも感謝したい。多くのファンにもお礼を言いたい。また、マイアミで明日のメディカルチェックを待っているマッサにも。キミ(ライコネン)は素晴らしいレースをしてくれた。勝利は、彼の素晴らしいペースと、完璧な2回のピットストップのた賜物だ。4レース連続でチームの一人が表彰台に上がっている。ルカ(バドエル)は、ベストを尽くした。マッサが快復するまでがんばってほしい。次のモンツァはホームレースだ。同じ努力を続けるのは大変だが、全力を尽くしたい」。

◆キミ・ライコネン(優勝)
「ボクにもチームにも偉大な勝利だよ。表彰台で飲むシャンペンは最高だ。ここでドライブするのは楽しいけれど、4回勝った秘訣は言葉にできないよ。早く1勝したかったけれどそれが実現できた。クルマはベストではなかったけれど、チーム全員で力を合わせてマネージした結果だ。ルーベンス(バリチェロ)にじゃまされたけれど、何とか回避した。セフティカーの後ろにいたときは、タイヤとブレーキの温度管理に注意を払っていたんだ。だから簡単にフィジケラをパスできた。最初のピットストップの後は、柔らかいタイヤよりよかったけれど、それはあとだから言えること。(柔らかい方のタイヤを履いた)最終スティントは、KERSを使ってジャンカルロ(フィジケラ)と戦った。モンツァは難しいレースになると思う。我々のクルマは高速コーナーが苦手だからね。でも、全力を尽くすよ」。

◆ルカ・バドエル(14位)
「今日は全力を尽くした。不幸だったのは、スタート直後の最初のコーナーで、フラットスポットを作ってしまったことだね。それで最初のスティントは酷いバイブレーションに苛まれた。タイヤを交換した後は改善されたよ。でも、硬い方のタイヤは、柔らかい方より少しよくなかった。パフォーマンスを上げて次のモンツァに備えたい。フィオラノとムジェロ(ともにフェラーリのテスト・コース)とならんで、ボクが最もよく知っているコースのひとつだからね。キミとチームの素晴らしい優勝は嬉しい。我々にとって待ちわびていたことだからね」。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン258ポイント
2位シャルル・ルクレール178ポイント
3位セルジオ・ペレス173ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング431ポイント
2位フェラーリ334ポイント
3位メルセデス304ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER