F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-フォース・インディア・フォーミュラ ワン・チーム【マレーシア(金)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-フォース・インディア・フォーミュラ ワン・チーム【マレーシア(金)】

100402fi.jpg

◆エイドリアン・スーティル
フリー走行1=7位/フリー走行2=10位
「今日はいつも金曜に採っているプログラムに従って作業を進めたよ。今朝は、はじめのうちは路面が汚れていたから、がまんしてコースを思いだしながらゆっくり走っていたんだ。午後には少しずつセッティングを進めたけど、路面温度が高くて、タイヤがすぐにオーバーヒートしてしまうから、状況を把握するのがたいへんだったよ。セッティングの面ではいくつか気になる点があったけれど、明日は大丈夫だと思う。それでも4強に続いてトップ10入りしているから、明日は面白くなると思うよ。どこかの時点で雨が降るかもしれないね」。

◆ヴィタントニオ・リウッツィ

フリー走行1=出走せず/フリー走行2=12位
「今日はチームにとって、なかなかいい初日だったよ。午前中は走らなかったけれど、タイヤの状態を理解して、予定のプログラムをこなしてゆくことが最も重要だったんだ。結果には満足してるよ。高速コーナーで軽いアンダーステアが出たけど、反応は良くて、ロングランでタイヤがどう変化するかも調べられた。午後4時ごろから雨になるというから、予選がどうなるか見物だよ、どんなコンディションになっても対処できるはずさ」。

◆ポール・ディ・レスタ
フリー走行1=15位/フリー走行2=出走せず
「これまでより楽に走ることができたよ。すぐにペースを上げることができたのは、そのためなんだ。今日はスムーズに事が運んだし、初めてのサーキットだったにもかかわらず、早い段階からリラックスして走れるようになったよ。プログラムはトニオ(・リウッツィ)が乗っている場合とまったくおなじで、まず基本的なセッティングを決めて、タイヤの特性を把握することだったんだ。ここは暑さのためにタイヤの消耗が早くて、グリップのピークを過ぎていたからタイムは伸びなかったけど、いろんな要素が絡んでいるから、順位を気にし過ぎても意味がない。僕としては、F1の環境に溶け込んで、走り込んでサーキットを覚えることが重要だね」。

【翻訳:Shigehiro Kondo】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン310ポイント
2位シャルル・ルクレール201ポイント
3位セルジオ・ペレス201ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング511ポイント
2位フェラーリ376ポイント
3位メルセデス346ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER