F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス【トルコ(日)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス【トルコ(日)】

【トルコGP 決勝】
こちらはマクラーレンのオリジナルリリースを元に[STINGER]が製作したリリー
スですが、内容はオリジナルのものと同じです。

100530mc1.jpg

◆ルイス・ハミルトン
グリッド=2番 / 決勝=1位
「いろいろなことが起るレースだった。スタートはあまりよくなかったんだ。マーク(・ウェバー)より早く反応したのに、マシンが動いてくれないという感じ
だったね。さいわい3コーナーでセバスチャン(・フェッテル)に仕掛けることができたよ。前へ出た時はホッとしたし、それからすぐマークを追いかけたん
だ。ずっとそんな状態が続いていたけど、ピットで少し差をつけられてしまったよ。右リヤタイヤを交換するのに、いつもより時間がかかったからだよ」。

「そいうわけで、1台ではなく2台のレッドブルを追いかけることになったんだ。1台でもたいへんなのに、2台を抜くのはすごく厳しかったよ。だけど、序盤
から燃費を考えて走っていたにもかかわらず、おなじペースでついてゆくことができたんだ。向こうが接触してくれたから、ラクに前へ出ることができたよ」。

「それからは、1-2フィニッシュできると確信して、タイヤと燃料の消費を考えながら走っていたんふだ。ピットから指示されたタイムはすこし遅かったみた
いで、気がつくとジェンソンが真後ろに迫っていたよ。互いにいいバトルをして、思いがけないところで抜かれる場面もあったけど、楽しかったよ」。

「互いに競り合っていいことになっているけど、もちろん冷静さを失ってはならないんだ。何といってもチームメイト同士だからね。どちらもドライバーズ・タ
イトルとおなじくらい、コンストラクターズ・タイトルを獲りたいと思っているんだ。僕はジェンソンと接触するような真似はしないし、向こうもそうさ。そう
いう暗黙の了解があるから、思い切って戦うことができるんだ。お互いに敬意を抱いているから、問題が起ることはないよ」。
「そうは言っても、今日の勝利はそれほど気持ちのいいものではなかったね。これまでの勝ち星とは、ちょっと違うよ。ドライバーの本能として、前のマシンを
抜いて勝ちたいし、ぶつかって消えていっても嬉しくはない。主位の座を譲られるのではなく、ライバルを攻略して自分の手で奪った勝利なら、もっとよかった
だろうと思う」。

「それでも、もちろんチームのためにはよかったと思っているよ。今回は彼女と両親がレースを観に来ていたし、この勝利を彼らに捧げたい。父は今日50才の誕生日を迎えてたから、グランプリでの勝利ほどすばらしいバースデー・プレゼントはないはずさ」。

100530mc2.jpg

◆ジェンソン・バトン
グリッド=4番 / 決勝=2位
「たいへんなレースだった。いいスタートを切ったけれど、ルイスの後ろにひっかかっているうちに、1コーナーでミハエル(・シューマッハ)にアウトから抜かれてしまったんだ。1周目のターン12で抜き返すことができたときは、バルセロナのこともあったから、気分がよかったよ。それからは、マクラーレンが2台、レッドブルが2台という4人の争いになったんだ」。

「勝負をかけられるところまで接近するのはむずかしかったけど、タイヤの消耗を考えながら走っていたから、ピットストップの直前にセバスチャンの真後ろまで迫ることができたんだ。無理をすれば抜けたかもしれないけど、止めといたよ。4台はずっと接近していたから、レースが終るまでにはどうなっていたか判らない。だけど、レッドブルが消えて、答えは出ないままになってしまったよ。その後はルイスと僕の1-2体制になったんだ」。

「ふたりとも燃料を節約するよう言われていたけど、実際にはその30周前から燃費には気をつかっていたよ。それでもレースのペースは、想像以上に速かったんだ」。

「終盤、ターン8を立ち上がったところからルイスに勝負をかけたよ。彼のスピードがなぜ落ちていたのか知らないけど、ターン12までに並ぶことができて、そこで前へ出た。なかなかのバトルで、それから3つのコーナーをぴったりとくっついて抜けたよ。最終コーナーの立ち上がるときにスピードを乗せることができなかったから、ピット前で並ばれて、1コーナーのイン側から逆転されちゃったよ」。

【翻訳:Shigehiro Kondo】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン258ポイント
2位シャルル・ルクレール178ポイント
3位セルジオ・ペレス173ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング431ポイント
2位フェラーリ334ポイント
3位メルセデス304ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER